cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 法学部
科目名
導入演習(選択) 32

担当教員 山本 研
学期曜日時限 秋学期  月3時限
科目区分 導入教育科目(演習)選択 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 8-417 キャンパス 早稲田
科目キー 1200000110 科目クラスコード 32
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LAWH101S
大分野名称 法学
中分野名称 その他法学
小分野名称 概論
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/04/04 18:08:36

副題 「リサーチ」・「プレゼンテーション」・「ディスカッション」を通じて法的思考能力を培うとともに、「伝える力」を身につける
授業概要  この演習では、春学期に引き続き、日常生活において生起する法的問題を素材に、各受講者に報告してもらい、それについて討論することを通じて、「リサーチ(調べる)・プレゼンテーション(伝える)・ディスカッション(議論する)」能力を培うとともに、法律学独自の作法(判例・文献の収集方法、レジュメの作成方法、プレゼンテーションの技術、法的な討論の進め方etc.)を修得することを目的とします。また、秋学期の授業では、春学期の演習で学んだプレゼンテーションとディスカッションの「技術」を、授業の場における実践を通じて、「使える技術」にしていくことを目指します。
授業の到達目標  法的問題についての、「リサーチ(調べ)・プレゼンテーション(伝え)・ディスカッション(議論する)」の能力・技術を身につけるとともに、自らの頭で考え、議論することを通じて、法的な思考能力を養成することを目的とします。
 とくに、秋学期の授業においてはプレゼンテーションとディスカッションの「技術」を、より実践的なものとして身につけることを目指します。
授業計画  テキストにあげられているテーマをいくつかピックアップし、あらかじめ担当グループに割り振り、報告してもらったうえで、履修者全員でそのテーマについて討論を行う形式で進めます。
 具体的な授業の進め方としては、以下の通り予定していますが、受講者の希望により、法廷傍聴に行ったり、弁護士の方を招いての懇話会の開催、最新のトピックについての討論など、柔軟に変更しながら進めていきます。
第1回  演習ガイダンス-演習の進め方について-
第2回  テーマ1:判例の持つ意味-判例の拘束力と判例変更-(報告)
第3回  テーマ1:判例の持つ意味-判例の拘束力と判例変更-(報告)
第4回  テーマ2:条文の解釈と解釈の限界-旧借地法1条ノ2と正当事由-(報告)
第5回  テーマ2:条文の解釈と解釈の限界-旧借地法1条ノ2と正当事由-(討論)
第6回 報告予備日
第7回  テーマ3:懲罰的損害賠償の導入の当否(報告) 
第8回  テーマ3:懲罰的損害賠償の導入の当否(討論) 
第9回  テーマ4:日米訴訟合戦(報告)
第10回 テーマ4:日米訴訟合戦(討論)
第11回 報告予備日
第12回 テーマ討論(1)
第13回 テーマ討論(2)
第14回 テーマ討論(3)
第15回 授業のまとめ
教科書  道垣内正人『自分で考えるちょっと違った法学入門[第4版]』(有斐閣、2019)
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 100% 報告担当部分のレジュメ・報告内容、および、他のグループの報告の際の議論への参加状況・内容を基準に評価します。とくに、報告部分については報告内容の論旨一貫性を、また、議論については積極的な参加姿勢を重視して評価します。
その他: ゼミ形式の授業のため、出席は成績評価の前提として当然に必要とされます。正当な理由なく、無届けで欠席が続く場合はマイナス要素として成績評価に加味します。
備考・関連URL  報告、および、それに基づく議論によって授業は進められるので、報告担当者はもちろんのこと履修者全員が主体的に授業に参加することが求められます。
 せっかくの少人数のゼミ形式の授業ですので、積極的に討論に参加することはもちろん、この授業に自分の居場所を作り、単位だけではなく、それ以外の「何か」をこの授業で得ようという意欲のある学生の参加を希望しています。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read