cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 法学部
科目名
独語中級 I(総合) 5(春)

担当教員 弓削 尚子
学期曜日時限 春学期  月3時限
科目区分 既習外国語 独語(中級I) 配当年次 1年以上 単位数 1
使用教室 8-403 キャンパス 早稲田
科目キー 12000024A1 科目クラスコード 05
授業で使用する言語 指定なし
  コース・コード LANG201F
大分野名称 語学
中分野名称 ドイツ語
小分野名称 ドイツ語
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 外国語

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/02 10:37:15

授業概要 この授業では、1年次に学んだドイツ語をもとに、ドイツ語の総合的なコミュニケーション能力を身につけることを目標とします。日常生活のさまざまなテーマについて、ドイツ語の語彙や表現、ドイツ語圏の文化を学び、それをもとに、自分の考えを伝えたり、意見交換ができるようにすることを目標とします。教科書のテーマにそって、語彙・聴きとり・発音・ペアでの会話練習・文法練習・テキストの読みなど、さまざまな形式の課題を行います。語彙や表現を増やしながら、自分の考えを伝え、意見交換をする練習をしていきます。

授業の到達目標 ドイツ語の総合的なコミュニケーション能力を身につけ、日常生活のさまざまなテーマについて自分の言葉で語り、簡単な意見交換ができるようになること。
授業計画
1:
第1回
授業オリエンテーション、1年次の復習
2:
第2回
Einheit 13: Leben und lernen in Europa (1)
3:
第3回
Einheit 13: Leben und lernen in Europa (2)
4:
第4回
Einheit 14: Familiengeschichten (1)
5:
第5回
Einheit 14: Familiengeschichten (2)
6:
第6回
Einheit 15: Unterwegs (1)
7:
第7回
Einheit 15: Unterwegs (2)
8:
第8回
Einheit 16: Freizeit und Hobbys (1)
9:
第9回
Einheit 16: Freizeit und Hobbys (2)
10:
第10回
Einheit 17: Medien im Alltag (1)
11:
第11回
Einheit 17: Medien im Alltag (2)
12:
第12回
Einheit 18: Ausgehen, Leute treffen (1)
13:
第13回
Einheit 18: Ausgehen, Leute treffen (2)
14:
第14回
まとめ (1)
15:
第15回
まとめ (2)
教科書 Studio express A2, Kurs- und Übungsbuch mit Audios online(Cornelsen Verlag)
成績評価方法 授業への出席を前提とします。学期末の共通試験(約50%)と、宿題やEinheitごとの小テスト、授業への参加度などの平常点(約50%)を総合して評価します。
備考・関連URL ・この授業では、「ドイツ語中級I(表現演習)1-5」(担当:Ruben Kuklinski, David Fujisawa, Frank Nickel, Markus Grasmück, Ute Schmidt)と共通の教材を使って授業をすすめていきます。[外国語B(総合コミュニケーションコース)]
・授業以外ではドイツ語検定の受験やドイツ語圏での語学研修を推奨します。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read