cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 法学部
科目名
行政法 II A

担当教員 首藤 重幸
学期曜日時限 秋学期  月2時限
科目区分 法律選択必修科目 配当年次 2年以上 単位数 2
使用教室 8-B101 キャンパス 早稲田
科目キー 1200004522 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LAWA221L
大分野名称 法学
中分野名称 公法
小分野名称 行政法
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2018/11/23 10:05:57

授業概要

 この講義は、まず前期の行政法ⅠAで学習した行政法総論の基礎理論の復習をおこなう。ついで、行政法総論の内容として学習しておくべき基礎理論に含まれると考えられるが、前期の講義で触れることのできなかったものにつきl講義を行う。

授業の到達目標  この講義の最も重要な到達目標は、前期の行政法ⅠAと合わせて、豊富な事例や判例に言及しながら行政法総論の基礎理論を学生諸君に定着させることである。そのほか、春学期の「授業の到達目標」も参照のこと。
授業計画

第1回 行政法ⅠAで学んだ行政法総論の基礎理論の復習(1)(法規概念や侵害留保理論、行政行為の意義と分類など)

第2回 行政法ⅠAで学んだ行政法総論の基礎理論の復習(2)(行政行為の公定力や裁量論、附款論など)

第3回 行政法ⅠAで学んだ行政法総論の基礎理論の復習(3)(行政強制、行政罰など)

第4回 行政手続法(1)申請に関する手続を中心にして

        自治体では行政手続条例が定められているが、行政手続法があるのに、なぜ条例が必要なのか

        許可基準を「公表する」と「公にする」という定め方の差異には、どのような意味があるのか

第5回 行政手続法(2)不利益処分に関する手続を中心にして

        事前聴聞をしなくてもよい不利益所とは、どのようなものがあるか   

 

第6回 自律的部分社会論

        高校の新聞部が校長から、内容が政治的であるとして新聞発刊を禁止された場合、裁判で抵抗できないだろうか

第7回 行政組織法(1) 

        なぜ、「行政庁」は行政組織でなく大臣や知事・市町村長を指すのか

        民事会社も行政行為(行政処分)を行うことができるか

第8回 行政組織法(2)

        ある処分を役所の課長が「専決」でおこなったという場合の、専決とはなにか

第9回 公物論(1)

        外形はないが、公図上は道路の一部を長年占有している私人は時効取得を主張し得るだろうか

第10回 公物論(2)

        暴力団であることを理由に公共施設の利用を拒否できない場合があるのは、なぜか(公物警察権と公物管理権)

第11回 行政契約(1)

        行政が一方当事者である契約にも、契約であるから民法の契約理論が適用されうるのか

第12回 行政契約(2)

        行政契約の手法による街づくり、公害防止協定・原発力安全協定は契約か紳士協定か

第13回 情報公開・個人情報保護

        情報公開法制では、自己の内申書の公開請求が認められないのはなぜか

        日本における公文書管理の脆弱性(大量に廃棄される公文書)       

        マイナンバー制度、特定秘密保護法などの影響

第14回 秋学期の学習の復習

第15回 試験      

教科書   教科書は指定しないが、毎回の講義の前に(詳細な)レジュメをCourse N@viにアップするので、必ずプリント・アウトをして教室に持参してください。
 なお、第一回目の講義において、行政法を学習する目的に応じて、適切と思われるテキストを何冊か紹介する。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 100% 講義で学習した判例を基礎に事例問題を作成する。それとともに、その事例に関連した行政法の基礎概念を確認する問題も付け加える。
備考・関連URL  

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read