cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 法学部
科目名
刑事政策 II

担当教員 小西 暁和
学期曜日時限 秋学期  金3時限
科目区分 刑事関連科目 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室 8-106 キャンパス 早稲田
科目キー 1200004637 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LAWC321L
大分野名称 法学
中分野名称 刑事法
小分野名称 刑事政策
レベル 上級レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/02 10:37:15

授業概要  わが国では、刑事立法政策及び刑事法運用政策に基づいて具体的にはどのような犯罪対策が行われているのだろうか。また、そうした個別の犯罪対策は理論的観点からどのように位置づけることができるのだろうか。本講座では、こうした刑事立法政策及び刑事法運用政策を学問的に考究する刑事政策論における各論部分を中心に解説していくことにしたい。
授業の到達目標  本講座では、各論部分を中心に刑事政策論について理解することを目指す。
授業計画
1:
第1回/オリエンテーション、刑事政策における近時の課題
刑事立法政策の展開と刑事法運用政策からの/への影響
2:
第2回/処遇と刑罰(1)
「処遇」の意義
3:
第3回/処遇と刑罰(2)
処遇モデルの変遷と現代的位相
4:
第4回/処遇と刑罰(3)
猶予制度とダイバージョン
5:
第5回/処遇と刑罰(4)
量刑の課題
6:
第6回/処遇と刑罰(5)
施設内処遇と社会内処遇における諸問題
7:
第7回/保安処分
保安処分と刑罰との関係、わが国の保安処分的制度
8:
第8回/犯罪被害者への対応
被害者学理論、犯罪被害者保護制度の展開
9:
第9回/犯罪予防論
刑事政策における犯罪予防の位置づけ
10:
第10回/各種の犯罪対策(1)
少年非行対策(1)(「非行少年」とは何か)
11:
第11回/各種の犯罪対策(2)
少年非行対策(2)(少年法の思想的基盤)
12:
第12回/各種の犯罪対策(3)
少年非行対策(3)(少年保護司法システムの構造)
13:
第13回/各種の犯罪対策(4)
触法精神障害者への法的対応
14:
第14回/各種の犯罪対策(5)
その他、近時問題となっている犯罪対策
15:
第15回/理解度の確認とまとめ
試験を通じた理解度の確認とまとめ
教科書  特になし。
参考文献  石川正興=小野正博=山口昭夫編『確認刑事政策・犯罪学用語250〔第2版〕』(成文堂、2010年)。
 法務省法務総合研究所編『平成30年版 犯罪白書』(2019年)。
 他の参考文献は、授業の際に紹介する。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 60% 学期末に試験を実施する。授業の内容についての理解度を評価する。
レポート: 40% 随時のレポート課題における論述内容も評価の対象とする。
備考・関連URL  春学期開講科目の「刑事政策I」も受講することが望ましい。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read