cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 法学部
科目名
応用民事訴訟法

担当教員 本間 靖規
学期曜日時限 春学期  木3時限
科目区分 民事関連科目 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室 7-212 キャンパス 早稲田
科目キー 1200004677 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LAWB331L
大分野名称 法学
中分野名称 民事法
小分野名称 民事手続法
レベル 上級レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/02 10:37:15

副題 簡単な事例に基づく手続法的思考の検討
授業概要  民事訴訟法の主要な問題について事例問題を素材にして検討する。授業の進め方としては、双方向でのやりとりに基づいて出席者全員で討論する形をとる。
授業の到達目標  民事訴訟法の問題について、基礎的な用語や概念、原理原則を駆使して議論をし、自己の意見を形成した上、他人に対してそれを説得的に説明する力を養うことを目標にする。
授業計画
1:
第1回 当事者能力

 教材の事例を使って、このテーマについて検討する。

2:
第2回 当事者適格(1)

 第1回と同じ

3:
第3回 当事者適格(2)
第1回と同じ
4:
第4回 訴えの利益
第1回と同じ
5:
第5回 二重起訴の禁止
第1回と同じ
6:
第6回 弁論主義違反
第1回と同じ
7:
第7回 自白
第1回と同じ
8:
第8回 文書提出命令

第1回と同じ

9:
第9回 基準事後の形成権の行使
第1回と同じ
10:
第10回 既判力の客観的範囲
第1回と同じ
11:
第11回 既判力の主観的範囲
第1回と同じ
12:
第12回 争点効・信義則
第1回と同じ
13:
第13回 通常共同訴訟
第1回と同じ
14:
第14回 固有必要的共同訴訟
第1回と同じ
15:
第15回 試験
試験は、講義で取り扱った問題を参考にして事例形式で出題する
教科書  長谷部由起子ほか編『基礎演習民事訴訟法(第3版)』(弘文堂、2018年)
参考文献 高橋宏志ほか編『民事訴訟法判例百選[第5版]』(有斐閣、2015年)
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 100% 試験の成績で評価する。
備考・関連URL  受講要件:特になし。
 受講者への要望:民事訴訟法の応用編なので基礎を理解していることが受講の前提となる。 

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read