cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 法学部
科目名
主専攻法学演習(民事訴訟法) A (春)

担当教員 高田 昌宏
学期曜日時限 春学期  木5時限
科目区分 3・4年法学演習 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室 3-302 キャンパス 早稲田
科目キー 1200007B31 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LAWB331S
大分野名称 法学
中分野名称 民事法
小分野名称 民事手続法
レベル 上級レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/02 10:37:15

副題 民事訴訟法事例研究
授業概要

民事訴訟法の判決手続を対象とします。民事訴訟法の基本となる判例やそれをモデルとした事例問題を素材にし、それを参加者と一緒に検討することを通じて、民事訴訟法の基本概念および基本原則に対する理解を深めます。主に、学部授業(講義)の民事訴訟法Ⅰで扱う対象(判決手続の基本問題)を各回の授業テーマとする予定です。たとえば、総論的な事項として、民事裁判所の司法審判権の限界、民事訴訟と他の裁判手続(とくに非訟手続)との関係などを取り上げるとともに、民事訴訟の主体である当事者をめぐるルールとして、当事者能力、当事者適格、訴訟代理人の代理権などを、訴訟の客体である「訴え」に関して、訴えの利益、訴訟物、重複起訴の禁止などを、訴訟審理に関するルールとして、処分権主義、弁論主義をはじめとする基本原則を、そして最後に民事訴訟の到達点である判決の効力として既判力をめぐる諸問題を、参加者と一緒に検討します。

 

授業の到達目標 民事訴訟法の基本判例・事例問題の検討を通じて、民事訴訟法の基礎部分の理解を深めるとともに、それを具体的事例に応用できる能力を修得することを目標とします。また、一般的に、法的課題について自分で調べ、解決を見出すよう主体的に取り組む姿勢を身につけることも目指します(その前提として、法律文献その他の情報収集の仕方や報告用の文書の作成方法なども適宜指導します)。
事前・事後学習の内容 事前に担当項目(課題・テーマ)を受講者に割りふり、十分な準備(調査・学習)をしたうえで、授業で報告してもらいます。その報告を踏まえて、参加者で課題を一緒に検討します。
授業計画
1:
第1回
民事訴訟法の判決手続の全体を鳥瞰しつつ、第2回以降取り扱うテーマ・報告担当者等を決定します。
2:
第2回
判例・事例問題研究(1)
3:
第3回
判例・事例問題研究(2)
4:
第4回
判例・事例問題研究(3)
5:
第5回
判例・事例問題研究(4)
6:
第6回
判例・事例問題研究(5)
7:
第7回
判例・事例問題研究(6)
8:
第8回
判例・事例問題研究(7)
9:
第9回
判例・事例問題研究(8)
10:
第10回
判例・事例問題研究(9)
11:
第11回
判例・事例問題研究(10)
12:
第12回
判例・事例問題研究(11)
13:
第13回
判例・事例問題研究(12)
14:
第14回
判例・事例問題研究(13)
15:
第15回
判例・事例問題研究(14)
教科書 教材として、山本和彦編著『Law Practice 民事訴訟法〔第3版〕』(商事法務・2018年)を使用する予定です。詳細は、第1回目の授業の際に指示します。
参考文献 三木浩一=笠井正俊=垣内秀介=菱田雄郷『民事訴訟法〔第3版〕(LEGAL QUEST)』(有斐閣・2018年)、長谷部由起子『民事訴訟法〔新版〕』(岩波書店・2017年)、高橋宏志『民事訴訟法概論』(有斐閣・2016年)、中野貞一郎=松浦馨=鈴木正裕編『新民事訴訟法講義〔第3版〕』(有斐閣・2018年)、高橋宏志=高田裕成=畑瑞穂編『民事訴訟法判例百選〔第5版〕』(有斐閣・2015年)ほか。
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 100% 報告内容、質疑応答、意見など 
備考・関連URL 民事訴訟法(Ⅰ・Ⅱ)など民事訴訟法科目を履修することが望ましい。民事訴訟法を基礎からしっかりと勉強したいという意欲ある皆さんの参加を期待します。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read