cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 法学部
科目名
主専攻法学演習(民事訴訟法) I (秋)

担当教員 本間 靖規
学期曜日時限 秋学期  木2時限
科目区分 3・4年法学演習 配当年次 2年以上 単位数 2
使用教室 9-314演習室 キャンパス 早稲田
科目キー 1200007B32 科目クラスコード 09
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LAWB331S
大分野名称 法学
中分野名称 民事法
小分野名称 民事手続法
レベル 上級レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/02 10:37:15

副題 民事訴訟法を楽しむ
授業概要
毎回民事訴訟法の判例を題材として理論的な問題の探求を行う。それにより手続法的思考能力を養う。判例の背景にある事情や判例がどのような落ち着き先を求めたのかなど、判例を社会に生きている生身の素材として、人の生き様や紛争の落ち着かせ方を考えてみる。
授業の到達目標 民事訴訟法の判例を題材にして、手続法的なものの考え方を身につけることを目指します。そのためには民事訴訟法の基本的な用語、概念、原理原則を徹底的に頭の中に入れ、それらを駆使してできるだけ目配りよく問題を検討する訓練を積み重ねることが重要と考えています。形式としては、報告者に事案の概要、法律上の問題点の抽出、判旨、先例、学説を報告してもらい、参加者の質疑という形で進めていくことになります。また法的価値判断は全人格的判断であることから講義の内外での人格的なふれあいの機会も持ちたいと思います。さらに松村、勅使川原、山本ゼミと同様、合同ゼミにも積極的に参加して、他大学の先生や学生とも学問を通じた交流を深めたいと思っています。
授業計画 [第 1回]私(本間)が報告を担当し、手続的正義について考えてみる。第2回以降に取り扱う判例について、参加者と相談の上、選択をする。
[第 2回]
[第 3回]
[第 4回]
[第 5回]
[第 6回]
[第 7回]
[第 8回]
[第 9回]
[第10回]
[第11回]
[第12回]
[第13回]
[第14回]
[第15回]
教科書 高橋宏志=高田裕成=畑瑞穂編『民事訴訟法判例百選[第5版]』
参考文献 扱う題材に即して、民事訴訟法の争点など比較的読みやすいものや学術論文など適宜指示します。
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 100% 報告、質問、意見、出席等いわゆる平常点で評価します。
備考・関連URL 民事訴訟法(I、II)や民事執行・保全法など民事訴訟法関係の授業を履修しているか同時並行的に履修することが望ましい。どのゼミもそうであろうが、担当者もゼミを重視しているので、積極的に取り組む意欲のある方の参加を期待しています。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read