cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2015年度 開講箇所 第一文学部
科目名
ロシア芸術の現在2

4-2_【文学・文構・一文・二文_合併】

担当教員 八木 君人 他/上田 洋子/大島 幹雄/杉浦 かおり/長井 淳
学期曜日時限 秋学期  火2時限
科目区分 広域科目I 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 34-452 キャンパス 戸山
科目キー 1321710013 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LITR101L
大分野名称 文学
中分野名称 ロシア文学
小分野名称 概論
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2015/02/26 15:55:14

授業概要  ロシアは文学のみならず、音楽、美術、映画、演劇などの芸術諸ジャンルにおいてもきわめて魅力的な活動を続けている国である。本講義の目的はこれら多様なロシアの芸術諸ジャンルの最前線の活動について情報を発信することになる。具体的にはサーカスや軽演劇、クラシック音楽、映画、パフォーマンス芸術などについてその分野の第一人者が講義する。可能な限り視聴覚教材を用い、わかりやすく講義する。
授業の到達目標  ロシア芸術の現在について、正確かつ充分な認識を持つ。
授業計画
1:
第1回(担当:大島幹雄)
軽演劇・サーカス1
2:
第2回(担当:大島幹雄)
軽演劇・サーカス2
3:
第3回(担当:大島幹雄)
軽演劇・サーカス3
4:
第4回(担当:大島幹雄)
軽演劇・サーカス4
5:
第5回(担当:杉浦かおり)
映画1
6:
第6回(担当:杉浦かおり)
映画2
7:
第7回(担当:杉浦かおり)
映画3
8:
第8回(担当:杉浦かおり)
映画4
9:
第9回(担当:長井淳)
クラシック音楽1
10:
第10回(担当:長井淳)
クラシック音楽2
11:
第11回(担当:長井淳)
クラシック音楽3
12:
第12回(担当:上田洋子)
パフォーマンス芸術1
13:
第13回(担当:上田洋子)
パフォーマンス芸術2
14:
第14回(担当:上田洋子)
パフォーマンス芸術3
15:
第15回(担当:上田洋子)
パフォーマンス芸術4
教科書  特にありません。
参考文献  教場で指示します。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0%  
レポート: 50%  担当教員それぞれが出す課題の中から一つを選択し、2000字程度のレポートを提出してもらいます。
平常点評価: 50%  授業への参加態度。
その他: 0%  
備考・関連URL  ロシア文化に関する積極的な関心を持って受講してもらいたい。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read