cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2018年度 開講箇所 教育学部
科目名
図書館サービス概論 A

担当教員 雪嶋 宏一
学期曜日時限 春学期  木6時限
科目区分 司書・司書教諭 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 14-502 キャンパス 早稲田
科目キー 1500008392 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LIBX102L
大分野名称 図書館学/司書課程
中分野名称 図書館学/司書課程
小分野名称 図書館学/司書課程
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2018/02/26 11:07:19

副題 図書館サービスの改善に向けて
授業概要

図書館が利用者に提供するサービスの基本について概説する。図書館サービスの理念、資料提供、情報サービス、図書館協力・ネットワーク、利用者別の各種サービス、集会サービス、利用者教育などについて解説し、それらの機能、役割について実例を交えながら学習して、図書館サービスの意義と課題、今後の展望について論じる。

授業の到達目標 現状の公共図書館サービスの構成、機能、役割、課題について理解を深める。そして、図書館の基本的なサービスについてしっかりとした認識をもつことを目標とする。
事前・事後学習の内容 事前学習では教科書を読んで疑問点を整理しておいてください。事後学習では授業の中で解決しなかった疑問点や意見、授業の感想をCourse N@viのレビューシートに毎回記述してください。質問には必ず回答します。
授業計画
1:
第1回 オリエンテーション、図書館サービスの理念
講義の目的と概要、図書館サービスの理念、種類、図書館サービスの変遷
2:
第2回 資料提供サービス

資料提供サービスの基本、読書案内、予約・リクエスト、複写サービス、AVサービス

3:
第3回 情報サービス

情報サービスの種類、レファレンスサービス、情報検索サービス、レフェラルサービス

4:
第4回 課題解決支援、地域社会へのサービス

課題解決支援サービス、地域情報提供サービス

5:
第5回 図書館情報ネットワークと図書館協力

図書館のネットワークシステムの成立と役割、図書館相互協力

6:
第6回 児童サービス、ヤングアダルト・サービス

児童サービス、ヤングアダルト・サービス、学校図書館との連携協力

7:
第7回 成人・高齢者へのサービス

一般成人へのサービス、生活情報サービス

高齢者サービス、入院患者サービス、アウトリーチサービスの広がり

8:
第8回 図書館の利用に障害のある人へのサービス

障害者サービスを担当している図書館司書をお迎えして障害者サービスの現状と課題について講演していただきます。

9:
第9回 日本語を母語としない住民へのサービス

多文化サービス、外国語の資料・情報の提供、多文化サービスの課題

10:
第10回 図書館の広報活動

図書館のPR、情報発信型サービス、図書館の広報と個人情報保護の問題

11:
第11回 図書館における集会活動

図書館における多種多様な集会活動の実際とその意義

12:
第12回 利用教育、情報リテラシー

図書館利用者への利用教育と情報活用能力の育成サービス

13:
第13回 図書館と著作権法、公共貸与権について

図書館と著作権法、利用者への著作権の理解の促進、

ヨーロッパの図書館で普及している公共貸与権について

14:
第14回 図書館サービス計画とその評価、マーケティング

図書館サービス計画の実例とその評価指標について、

図書館マーケティングとは何か?

15:
第15回 図書館の今日的な課題と展望

図書館ボランティア、ユニバーサルデザイン、図書館の新しいサービス

教科書 金沢みどり『図書館サービス概論』第2版、学文社、2016年(ライブラリー図書館情報学5)、2000円(税別)
参考文献 『多文化サービス入門』、日本図書館協会、2004年(JLA図書館実践シリーズ2))、1800円(税別)
『情報リテラシー教育の実践』、日本図書館協会、2010年(JLA図書館実践シリーズ14)、1800円(税別)
田中均『図書館を変える広報力:Webサイトを活用した情報発信実践マニュアル』、日外アソシエーツ、2012年、2800円(税別)
溝上千恵子ほか『高齢社会につなぐ図書館の役割:高齢者の知的欲求と余暇を受け入れる試み』、学文社、2012年、1800円(税別)
仁上幸治『図書館員のためのPR実践講座』樹村房、2014年、1500円(税別)
大串夏身『挑戦する図書館』青弓社、2015年、2000円(税別)
ジェームス・E・ヘリング著『学校と図書館でまなぶインターネット活用法』日本図書館協会、2016年、2200円(税別)
吉井潤『知って得する図書館の楽しみかた』勉誠出版、2016年、1800円(税別)
クリスティー・クーンツほか編『IFLA公共図書館サービスガイドライン』第2版、日本図書館協会、2016年、1200円(税別)
野口武悟・植村八潮編著『図書館のアクセシビリティ』樹村房、2016年、2000円(税別)
大串夏身『図書館のこれまでとこれから:経験的図書館史と図書館サービス論』青弓社、2017年、2600円(税別)

参考文献については初回の授業で参考文献一覧を配布します。また、毎回の授業の中で随時紹介します。
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 50% 中間レポートと期末レポートを実施します。
平常点評価: 30% 授業への出席
その他: 20% 授業への積極:Course N@viのレビューシートに毎回の授業についての感想・質問・意見等を記入してください。それによって判断します。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read