cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
社会教育演習II-1 E

担当教員 濱中 淳子
学期曜日時限 春学期  木4時限
科目区分 教育学科生涯教育学専修 配当年次 4年以上 単位数 2
使用教室 16-605 キャンパス 早稲田
科目キー 1501024901 科目クラスコード 05
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード EDUX403S
大分野名称 教育学
中分野名称 教育学
小分野名称 教育学
レベル 総仕上げ 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

授業概要 高等教育や生涯教育などをはじめとする教育領域の課題を取り上げ、卒業論文の執筆に向けた先行研究の批判的検討や調査の企画、分析等の作業に取り組む。また、論文執筆中だからこそ視野を広げることが重要になるため、適宜、発表会をしてお互いにコメントする、文献を読む、ゲストスピーカーを招いて話を聞くといった機会を設ける。
授業の到達目標 卒業論文のテーマならびに方法の設定まで到達する。また、作業が予定通り進展しなかった場合の対応策についても検討を重ねておく。
事前・事後学習の内容 各自が卒業論文で扱いたいと考えているテーマの先行研究収集ならびに批判的検討、方法の企画、振り返りなど、授業の指示に沿ったかたちで行う。また演習全体で文献を講読する場合などは、事前に文献を読み込むことが必要となる。
授業計画

第1回 ガイダンス・卒業論文を書くということ
   ※卒論の位置づけ、方法論、注意事項を説明し、発表の割振り等を行う

 

第2回 卒業論文のテーマ、構成の確認(1)

 

第3回 卒業論文のテーマ、構成の確認(2)

 

第4回~第13回 学生による進捗状況の発表・議論
   ※適宜、文献講読やゲストスピーカーの講義の機会を設ける

 

第14回~第15回 卒業論文中間発表

教科書 特に指定しない。
参考文献 特に指定しない。
成績評価方法 平常点評価: 70% 発表資料およびプレゼンテーション
その他: 30% 授業への参画度(原則として10回以上参加することが最低条件)

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read