cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
社会教育演習I-2 D

担当教員 小林 敦子
学期曜日時限 秋学期  木2時限
科目区分 教育学科生涯教育学専修 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室 14-406(演習室) キャンパス 早稲田
科目キー 1501028527 科目クラスコード 04
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード EDUX402S
大分野名称 教育学
中分野名称 教育学
小分野名称 教育学
レベル 総仕上げ 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

副題 足で稼ぐゼミ
授業概要

 今年度のゼミでは「エンパワーメント」をキーワードとして進めます。自分たち若者がどのようにすればエンパワーできるのか、社会の中で自分たちの役割をみつけていく中で、いかに自己肯定感や自分に対する尊厳を取り戻すことができるのかを考えていきます。

 現在、経済不況の下で日本においても経済格差が深刻となりつつあります。また勝ち組、負け組が流行語となる中で、若者が社会的弱者に転落しつつあるとも言われており、多くの問題が引き起こされています。それでは社会的弱者になりつつある若者に対して、生涯学習はどのような役割を果たすことができるのでしょうか。本ゼミにおいては若者がエンパワーしながら社会に参画することを目指していきます。

 

 また、現在、少子高齢化は深刻な状況にありますが、一方で、日本における子どもの貧困が問題視され、福祉と教育とが連携しながら問題解決を目指すことが、喫緊の課題となっています。本ゼミにおいては、少子高齢化時代の子ども・若者の貧困と対抗戦略」に焦点を当て検討していきたいと考えます。また本年度は、家庭・家族の視点に重点をおきながら、検証していく予定です。

 具体的には第1に、日本の貧困問題について考察し、少子高齢化と子ども・若者の教育(子どもの貧困、若者と仕事、世代間格差)について検討します。

第2に、社会的不平等と行政及びNPO/NGO による対抗戦略について考察していきます。子ども・若者のエンパワーメントのための中核施設の機能と運営について、イギリスなどの事例に学びながら、考察を深める予定です。

第3に、世界の中の日本の置かれた地位について、東アジア諸国と日本について検証し、さらに日本が世界に情報発信しプレゼンスを高めるための戦略について考えていきます。


 本ゼミにおいては、参加者が実践的な能力を身につけることを視野にいれて授業を組み立てます。そのため、演習の基本的姿勢としては,第1に、「自分の足で稼ぐ」ことを重視します。図書館で集めた文献を読むだけでなく,自ら問いを立て、実際に現場に行ってフィールドワークやインタビューを行うことが期待されます。そのため、インタビューや参与観察といった質的調査の技法を獲得することも目標として設定します。そして,大学生の視点から政策提言をしていきたいと考えます。
 第2に、「話す・聴く・読む・書く」といった、これから生涯学び続ける力を獲得すること目標として掲げます。つまり積極的に討論に参加し,相手の意見もきちんと聴くこと,そして文献を読み,ゼミ論文を書くことが期待されます。そして、自分自身のパワーアップのため、コーチングの理論と実践を学ぶと共に、プレゼン力・傾聴力を身につけ、これからの人生を生きていく上での土台を築くことを目指します。

ゼミの雰囲気を見ながら,ディベート,あるいはゲームやロールプレイなどを行いながら問題を深く考えようとするワークショップにも挑戦したいと思います。

 ゼミでは、「世界を教室へ、教室を世界へ」をスローガンとします。そのため、テーマや必要に応じてコーチングやエンパワーメントのゲストをお招きしてワークショップを実施していきます。 またゼミで学習した成果を、ゼミ発表会(ゼミOBOGも参加)などの形で、世界に発信していく予定です。

授業の到達目標 1、現代日本社会が置かれている状況を理論研究を通じて理解する。

2、論文を批判的に検討する読解力を身につける。

3、研究手法や基本的調査のスキルを身につける。

4、プレゼン能力を高め、11月か12月に予定されているゼミ発表会を通じて、社会とつながり世界に情報を発信する。

5、自分自身をエンパワーメントしながら、自分の身近な所から社会をエンパワーメントする志を持つ。
事前・事後学習の内容 授業で指定された文献を読み、まとめる。
授業計画 [第 1回] 秋期ガイダンス
[第 2回] 文献講読
[第 3回] 文献講読
[第 4回] 文献講読
[第 5回] グループ発表 リハーサル
[第 6回] グループ発表 リハーサル
[第 7回] 文献講読
[第 8回] 文献講読
[第 9回] グループ発表 リハーサル
[第10回] グループ発表リハーサル
[第11回] 個人発表
[第12回] 個人発表
[第13回] ゲスト・スピーカー
[第14回] 個人発表
[第15回] 秋期まとめ
教科書 適宜紹介していきます。
参考文献 『子どもの心のコーチング』『コーチングの技術』『マルチ能力が育む子どもの生きる力』
『効果10倍の<教える>技術』『「学び」で組織は成長する』
『ライフストーリー分析』『質的調査法入門』
『マルチ能力が育む子どもの生きる力』
『子どもの未来を守る』『子どもの貧困』
『子どもの参画』
『老いていくアジア』『世代間格差』『弱者の居場所がない社会―貧困・格差と社会的包摂』
『絶望の国の幸福な若者たち』
『孫は祖父より1億円損をする』『少子社会日本』『「家族」難民』
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 20% ゼミ論文(8000文字)、先輩に聞く!インタビューレポート
平常点評価: 80% 出席、プレゼン(自己紹介、文献発表、ディベートなど)、コメント
プレゼンをするとともに、人のプレゼンにきちんと耳を傾けることが求められます。
備考・関連URL 1、ゼミ合宿を行います(9月予定)。

2、ゼミ発表会を開催する計画です。そのため、授業時間以外に、打ち合わせがあります。ただし、実施に関しては、ゼミ生の意見を尊重しながら、決めていきます。

3、年度末に、参加者のゼミ論文をまとめたゼミ論集を刊行の予定です。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read