cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
社会教育演習I-2 E

担当教員 濱中 淳子
学期曜日時限 秋学期  木3時限
科目区分 教育学科生涯教育学専修 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室 16-402-2 キャンパス 早稲田
科目キー 1501028527 科目クラスコード 05
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード EDUX402S
大分野名称 教育学
中分野名称 教育学
小分野名称 教育学
レベル 総仕上げ 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

授業概要 1990年代以降、大学進学率は急上昇し、5割を超えた。このような時代の「学歴とキャリア」の関係をどう理解すればいいのか、各自の関心に基づきながら実証的に分析する。そしてその作業を通じて、エビデンスに基づく議論の可能性と限界について理解を深めることにしたい。
後期は「データ収集・分析」と「ゼミ論の取りまとめ」に注力する。
授業の到達目標 (1)「学歴とキャリア」というテーマ領域において、何が問題なのか、自分なりの問いを立てることができる
(2)データを自ら集め、分析することができる
(3)分析結果をまとめたゼミ論をわかりやすくまとめることができる
事前・事後学習の内容 個人あるいはグループで研究を行い、進捗状況を授業で発表するため、事前・事後の学習は不可欠になる。
授業計画

第1回 ガイダンス(ゼミ論企画書の確認)

第2~12回 ゼミ論企画書に沿った研究の進捗状況報告(中間報告)
担当者が発表を行った後、討論・総括を行う

第13~15回 研究最終報告
担当者が発表を行った後、お互いにコメントしあう

※ただし、履修学生の人数によって、スケジュールが変わることがある。

教科書 特に指定しない
参考文献 特に指定しない
成績評価方法 平常点評価(30%):発表ならびに毎回のレポート。論理性と独自性の観点から評価。
レポート(50%):ゼミ論。論理性と独自性の観点から評価。
その他(20%): 授業への参画度(原則として10回以上参加することが最低条件)

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read