cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
初等図画工作科教育法

担当教員 大泉 義一
学期曜日時限 春学期  金3時限
科目区分 教育学科初等教育学専攻 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室 16-407 キャンパス 早稲田
科目キー 1501040049 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード EDUX204L
大分野名称 教育学
中分野名称 教育学
小分野名称 教育学
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

副題 子供の造形表現を理解し,支えることのできる教師をめざして
授業概要 ・前半においては,ビデオ視聴等を通した子供の造形表現に対する理解,学習指導要領の解説を通した図画工作科の目標及び内容に対する理解,並びに授業設計に対する理解を深める。
・後半においては,受講生による協同学習による題材研究とその成果の発表・協議(Active Learning)を通して,図画工作科の授業実践に関して実践的に学ぶ。
授業の到達目標 (1)図画工作科教育に関する基礎的知識,および授業づくりの実践的技能を身に付けることができる。
(2)図画工作科の意義について,実践的に考察し理解することができる。
事前・事後学習の内容 ・後半においては,授業時間外にチームごとに割り振りされた題材研究に取り組む。
・後半においては,チームごとに研究発表がなされる題材に関する資料を読み込む予習を課す。
授業計画  第1回 オリエンテーション 子供にとっての造形活動の意味(1) 幼児の造形表現から
 第2回 子供にとっての造形活動の意味(2) 映画『トントンギコギコ図工の時間』から
 第3回 図画工作科の学習指導要領の俯瞰
 第4回 図画工作科の学習指導・授業づくりの理解(1) 授業設計,題材研究
 第5回 図画工作科の学習指導・授業づくりの理解(2) 子供の発達と造形
 第6回 図画工作科の学習指導・授業づくりの理解(3) 図画工作科の変遷
 第7回 図画工作科の題材研究と視聴覚機器の活用 視覚芸術としての特性をふまえて
 第8回 図画工作科の授業(1)・造形遊び・低学年
 第9回 図画工作科の授業(2)・造形遊び・中高学年
 第10回 図画工作科の授業(3)・絵から出発する題材・低中学年
 第11回 図画工作科の授業(4)・絵から出発する題材・高学年
 第12回 図画工作科の授業(5)・立体から出発する題材
 第13回 図画工作科の授業(6)・工作から出発する題材
 第14回 図画工作科の授業(7)・鑑賞
 第15回 まとめ・図画工作科Q&A
 定期試験
教科書  文部科学省『小学校学習指導要領,小学校学習指導要領解説図画工作編』(最新版)
参考文献  大泉義一編著『小学校教育課程講座・図画工作』ぎょうせい出版,2008年
成績評価方法  授業内容に関する毎時間のレポート(『授業ノート』・『ポートフォリオ』),グループ学習・研究発表(作品・発表),期末試験の成績
備考・関連URL ・大泉義一研究室ホームページ : http://www7b.biglobe.ne.jp/~oizumi-labo/
・教育実践に係る授業なので,上記の通り,3回を超える欠席は成績評価の対象としないので注意してください。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read