cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
地学通論実験II

担当教員 更科 功/清家 一馬/高木 秀雄
学期曜日時限 秋学期  木5-6
科目区分 教育学科初等教育学専攻B群4領域 配当年次 2年以上 単位数 1
使用教室 6-201 キャンパス 早稲田
科目キー 1501040074 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PLNX108W
大分野名称 地球惑星科学
中分野名称 地球惑星科学
小分野名称 地球惑星科学
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 実習/実験/実技

シラバス情報

最終更新日時:2019/04/01 14:48:31

授業概要 春学期の地学通論実験Iでは,鉱物学や岩石学に関連した実験が中心であった.
秋学期の本実験では,地質学や古生物学に関連した実験が中心である.
通論実験IとIIを履修することにより,地球科学の広い分野をカバーするので,教職を目指す人はかならず両方を取得すること.
授業の到達目標 室内の実習・実験のみならず,城ヶ島における約6時間の野外実習や,国立科学博物館の見学を組み合わせることにより,地質学・古生物学分野の理解を深める.
授業計画 1:地質図とルートマップの作製法 (清家)
2:ルートマップ作成実習 (清家)
 甘泉園にて,歩測とクリノメーターを用いて,ルート図の作成を行います.陽が短いので,すぐに開始できるようにします.
3:地質図の読み方・描き方1(清家)
4:地質図の読み方・描き方2(清家)
5:国立科学博物館見学(日程は相談の上)(清家)
6:城ヶ島巡検の解説 (高木)
 城ヶ島巡検の案内書を配布し,巡検内容の予習を行います.
 また,クリノメーター,ルーペ,走向版,フォルダー,スケールなどを貸し出し,クリノメーターの使用法を実習します.
7:城ヶ島巡検 (11月第2日曜日:高木・清家・更科)
 現地に朝9時半に集合し,16時ごろまで城ヶ島の西端から東端まで南海岸沿いに歩いて,様々な地質現象を観察します.
 レポートの提出が不可欠です.この日に巡検に参加できない学生は,単位の修得が難しくなります.
8. 化石多細胞動物のボディプラン(更科)
9. アンモナイトの貝殻構造の観察 (更科)
10. 二枚貝の貝殻構造の観察 (更科)  
11. アンモナイトと二枚貝の成長様式の推定(更科) 
12. ジュライエローの化石の形態復元(更科)
13. 最節約法による系統樹構築の方法 (更科)
14. 最節約法による系統樹構築の実習 (更科)
15. ネアンデルタール人のDNA復元における混入DNAの判定法(更科)
教科書 参考書として,下記が役に立ちます.

スクエア 最新図説地学(第一学習社)
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 100% 毎回の提出物・レポートで評価する.
清家担当レポート33%
城ヶ島巡検レポート 33%
更科担当レポート33%
備考・関連URL 国立科学博物館の見学料は,早稲田大学の学生は常設展に限り無料となります.

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read