cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
初等教育学基礎演習II 

担当教員 大泉 義一
学期曜日時限 秋学期  水2時限
科目区分 教育学科初等教育学専攻 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 16-705 キャンパス 早稲田
科目キー 1501048138 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード EDUX105S
大分野名称 教育学
中分野名称 教育学
小分野名称 教育学
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

授業概要

※ 授業担当者が着任初年度のため,実態に応じて内容を変更することがあります。


教育実践に包含される意味と喜び・困難について,実際に実践活動を発案・構想・準備・実践・省察することを通して実証的に考察する。次年度以降の専門的学修に対する意識付けを図るとともに,自身の教育実践上の課題を明らかにする。

授業の到達目標 (1)教育実践に関する実践的指導力を向上しようとする態度を養う。
(2)教育実践活動を構想・実践・省察する方法論を習得できるようになる。
授業計画

※ 授業担当者が着任初年度のため,実態に応じて内容を変更することがあります。

 

第1回 ガイダンス:教育実践という営みについて
第2回 教育実践論(1):実践の「ゆたかさ」について
第3回 教育実践論(2):実践知とは何か
第4回 ワークショップ論:「体験」と「学び」について
第5回 実践活動の発想:アイデアのブレーンストーミング
第6回 実践活動の構想(1):実践チーム編成,実践内容の決定
第7回 実践活動の構想(2):ウィギンズとマクタイの「逆向き設計」による実践内容の検討
第8回 実践活動の構想(3):アイスナーの「視覚的問題-解決の分析」による実践内容の検討
第9回 実践活動の準備(1):材の検討
第10回 実践活動の準備(2):活動展開の検討
第11回 実践活動の準備(3):環境構成の検討
第12回 実践活動の準備(4):ファシリテーションの検討
第13回 実践活動(学外での活動)
第14回 実践活動の振り返り
第15回 各自の課題の交流とまとめ

教科書 適宜指示する。
参考文献 中野民雄『ワークショップ:新しい学びと創造の場』岩波書店,2001年
G.ウィギンズ,J.マクタイ(西岡加名恵訳)『理解をもたらすカリキュラム設計』日本標準,2012年
E.アイスナー『美術教育と子どもの知的発達』黎明書房,1986年
成績評価方法 レポート:50% 時間ごとの小レポート,最終レポート
平常点:50% グループ学習・実践活動への参加状況(実践活動の出席は必須であることに留意すること)
備考・関連URL 大泉研究室HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~oizumi-labo/

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read