cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
Overseas Internship A

担当教員 原田 哲男
学期曜日時限 夏季集中  無その他
科目区分 専門選択(留学・インターンシップ系) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室   キャンパス 早稲田
科目キー 1503006602 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LANE206P
大分野名称 語学
中分野名称 英語
小分野名称 英語
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態  

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

授業概要
専門選択科目の「Overseas Internship」は、学科の審査で適切と認められた場合には、留学センター設置科目以外のインターンシップと事前・事後指導への参加で2単位を修得できる。事前準備に通常1年程度の時間を要するため、希望者は早めに計画を立て、授業の担当教員と連絡を取りながら準備を進める。

登録は、春学期または秋学期にしかできないので、下の予定に従って、インターンシップの内容を詳細に説明した資料、目的、活動計画を担当教員に持参し、科目登録の許可を得ること。


授業の到達目標 申請から単位取得までの予定
春休み(2月または3月)にインターンシップに参加する場合
1. 前年の10月下旬までに参加の許可を得る
2. 事前指導を秋学期に受ける
3. 2月または3月にインターンシップに参加する
4. 帰国後に春学期のインターンシップ科目(Overseas Internship A)に登録する
5. 春学期に事後指導を受ける
6. 春学期に単位取得
授業計画
1:
第1回(10月下旬)
事前指導(インターンシップの目的、内容、活動を示した資料を持参すること)
2:
第2回(1月中旬)
事前指導(出発前オリエンテーション)
3:
第3回(2月または3月)
海外インターンシップ
4:
第4回(2月または3月)
海外インターンシップ
5:
第5回(2月または3月)
海外インターンシップ
6:
第6回(2月または3月)
海外インターンシップ
7:
第7回(2月または3月)
海外インターンシップ
8:
第8回(2月または3月)
海外インターンシップ
9:
第9回(2月または3月)
海外インターンシップ
10:
第10回(2月または3月)
海外インターンシップ
11:
第11回(2月または3月)
海外インターンシップ
12:
第12回(2月または3月)
海外インターンシップ
13:
第13回(2月または3月)
海外インターンシップ
14:
第14回(5月下旬)
事後指導(帰国レポート提出)
15:
第15回(7月下旬)
事後指導(帰国報告発表)
成績評価方法 事前指導 10%
事後指導 10%
英語による帰国レポート 40%
英語による帰国報告発表 40%
インターンシップ参加証明書の提出

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read