cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
実験音声学 

担当教員 原田 哲男
学期曜日時限 秋学期  水3時限
科目区分 専門選択(言語学・応用言語学系) 配当年次 2年以上 単位数 2
使用教室 14-503(視聴覚教育教室) キャンパス 早稲田
科目キー 1503007034 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LNGT202L
大分野名称 言語学
中分野名称 理論言語学
小分野名称 概論
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

副題 音響音声学入門
授業概要
音声分析プログラムPraatを各自のパソコンにダウンロードして、日本語、英語、その他の言語の母音、子音、アクセント、イントネーション等の音響的(物理的)特徴を学ぶ。とくに、第二言語習得や音声教育の立場から、母語話者と外国語学習者の音声を音響的な側面から観察し、外国語の知覚(perception)と生成(production)がどのようなメカニズムで行なわれているかを理論的に考察する。

履修上の留意点
英語によるテキストの多読が要求され、毎週その内容理解を確認する試験(クイズ)を実施し、さらに授業中の発表、宿題、音声分析、レポートなど多くの課題を課すため、相当な時間が掛かると思われるので、科目登録の際に注意して欲しい。
授業の到達目標 1. 母音、子音、プロソディー(ストレス、アクセント、イントネーション等)を音響音声学の観点から学ぶ。
2. 音声実験のデザインと音声データの収集・録音方法を理解する。
3. 音声データの音響的分析・解釈は、一定の知識や技術が求められるので、母音、子音、音の高さ、強さ、長さの測定方法の実際を学ぶ。
4. 先行研究に基づき仮説を立て、母語と学習言語の母音、子音、プロソディーの何れかを音響分析し、母語の音響的特徴が学習言語の音声知覚や生成にどのように影響しているかを考察する。
授業計画
1. 音波
2. 音の強さと高低
3. 音質
4. 波形分析
5. 共鳴
6. 音声の知覚
7. 音声の生成
8. 声道の共鳴
9. 母音
10. 摩擦音
11. 閉鎖音と破摩音
12. 鼻音と側音
13. 音声実験デザインと音声の録音
14. 母音と子音の音響分析と測定
15. プロソディーの音響分析と測定
教科書 Baart, J. (2009). A field manual of acoustic phonetics. Dallas, Texas: SIL International.

Johnson, K. (2011). Acoustic and auditory phonetics (3rd ed.). Malden, MA: Wiley-Blackwell.
参考文献 下記以外の詳しい参考文献リストは授業時に配布する。
Catford, J. C. (2002). A practical introduction to phonetics (2nd ed.). New York: Oxford University Press.

Clark, J., Yallop, C., & Fletcher, J. (2007). An introduction to phonetics and phonology (3rd ed). Cambridge, MA: Blackwell.

Handbook of the International Phonetic Association: A guide to the use of the International Phonetic Alphabet. (1999). New York: Cambridge University Press.

Ladefoged, P. (1996). Elements of acoustic phonetics. Chicago: The University of Chicago Press.

Ladefoged, P. (2001). Vowels and consonants: An introduction to the sounds of languages. Malden, MA: Blackwell.

Ladefoged, P. (2003). Phonetic Data Analysis: An Introduction to Fieldwork and Instrumental Techniques. Malden, MA: Wiley-Blackwell.

Ladefoged, P. (2005). Vowels and Consonants (2nd ed.). Malden, MA: Wiley-Blackwell.

Ladefoged, P., & Johnson, K. (2014). A course in phonetics (7th ed.). Boston, MA: Wadsworth Cengage Learning.

Ladefoged, P., & Maddieson, I. (1996). The sounds of the world’s languages. Malden, MA: Blackwell.

Laver, J. (1994). Principles of phonetics. New York: Cambridge University Press.

Stevens, K. N. (2000). Acoustic Phonetics (Current Studies in Linguistics). Chicago: The MIT Press.

Pullum, G. K. & Ladusaw, W. A. (1996). Phonetic symbol guide (2nd ed.). Chicago: The University of Chicago Press.

Trask, R. L. (1996). A dictionary of phonetics and phonology. New York: Routledge.
成績評価方法 Participation/presentations & group discussion 10%
Weekly quizzes 30%
Lab assignments 20%
Project 40%
 Journal article reading
 Research design
 Data collection
 Acoustic measurement
 Data analysis and findings
 Write-up
備考・関連URL 昨年度春学期または今年度春学期に「Advanced Phonetics」を履修した、または履修中の学生が受講するには最適な科目である。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read