cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
Advanced Phonetics 

担当教員 原田 哲男
学期曜日時限 秋学期  水2時限
科目区分 専門選択(言語学・応用言語学系) 配当年次 2年以上 単位数 2
使用教室 16-605 キャンパス 早稲田
科目キー 1503007035 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 英語
  コース・コード LNGT382L
大分野名称 言語学
中分野名称 理論言語学
小分野名称 その他
レベル 上級レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

副題 The Sounds of English and Japanese
授業概要
This course overviews more advanced phonetic aspects in English than the first year introductory course in English phonetics, in comparison with the sounds of Japanese. The class will be conducted in English, including lectures, group work, and discussions.

履修上の留意点
英語によるテキストの多読が要求され、毎週その内容理解を確認する試験(クイズ)を実施し、さらに授業中の発表、課題、レポートを全て英語で課すため、相当な時間が掛かると思われるので、科目登録の際に注意して欲しい。
授業の到達目標 1. To understand phonetic aspects of vowels, consonants, syllables, rhythm, stress/accent, and intonation in English and Japanese;
2. To compare and contrast phonetic and phonological features in English and Japanese;
3. To discuss second language phonetics and phonology in terms of teaching pronunciation;
4. To increase awareness of your own pronunciation of English and Japanese.
授業計画
1. Articulation
2. Phonology and Phonetic Transcription
3. The Consonants of English
4. The Consonants of English, cont’d
5. The Consonants of Japanese
6. The Consonants of Japanese, cont’d
7. English Vowels
8. English Vowels, cont’d
9. Japanese Vowels
10. Japanese Vowels, cont’d
11. English words and sentences
12. English words and sentences, cont’d
13. English words and sentences, cont’d
14. Japanese words and sentences
15. Japanese words and sentences, cont’d
教科書 Ladefoged, P., & Johnson, K. (2015). A course in phonetics (7th ed.). Boston, MA: Thomson Wadsworth.
参考文献 Recommended Dictionaries
Jones, D., Roach, P., Hartman, J., & Setter, J. (2006). Cambridge pronouncing dictionary. Cambridge: Cambridge University Press.

Pullum, G. K. & Ladusaw, W. A. (1996). Phonetic symbol guide (2nd ed.). Chicago: The University of Chicago Press.

Trask, R. L. (1996). A dictionary of phonetics and phonology. New York: Routledge.

Well, J. C. (2008). Longman pronunciation dictionary (3rd ed.). Essex: Pearson Education.

金田一 春彦、秋永 一枝他 (編集) (2001) 『新明解日本語アクセント辞典』 三省堂

NHK放送文化研究所 (1998) 『NHK発音日本語アクセント辞典』 日本放送出版協会

Recommended References
Catford, J. C. (2002). A practical introduction to phonetics (2nd ed.). New York: Oxford University Press.

Celce-Murcia, M., Brinton, D. M., & Goodwin, J. M. (2010). Teaching pronunciation hardback with audio CDs: A course book and reference guide. New York: Cambridge University Press.

Clark, J., Yallop, C., & Fletcher, J. (2007). An introduction to phonetics and phonology (3rd ed). Cambridge, MA: Blackwell.

Crystal, D. (2008). A dictionary of linguistics and phonetics (6th ed.). Malden, MA: Blackwell.

Handbook of the International Phonetic Association: A guide to the use of the International Phonetic Alphabet. (1999). New York: Cambridge University Press.

Iwasaki, S. (2013). Japanese: Revised edition. (London Oriental African Language Library). Amsterdam: John Benjamins.

Johnson, K. (2003). Acoustic and auditory phonetics (2nd ed.). Cambridge, MA: Blackwell.

Ladefoged, P. (1996). Elements of acoustic phonetics. Chicago: The University of Chicago Press.

Ladefoged, P. (2001). Vowels and consonants: An introduction to the sounds of languages. Malden, MA: Blackwell.

Ladefoged, P., & Johnson, K. (2014). A course in phonetics (7th ed.). Boston, MA: Wadsworth Cengage Learning.

Ladefoged, P., & Maddieson, I. (1996). The sounds of the world’s languages. Malden, MA: Blackwell.

Laver, J. (1994). Principles of phonetics. New York: Cambridge University Press.

Shibatani, M. (1990). The languages of Japan. Cambridge, MA: Cambridge University Press.

Tsujimura, N. (2013). An introduction to Japanese linguistics (3rd ed.). Malden, MA: Blackwell.


天沼寧、大坪一夫、水谷修 (1978) 『日本語音声学』 くろしお出版

原田哲男 (2007) 「第二言語における音声習得と早期言語教育への示唆」今石元久 (編) 『音声言語研究のパラダイム』 和泉書院、pp. 323-342

原田哲男 (2011) 「早期外国語教育は音声習得に何をもたらすのか―イマージョン教育からの示唆―」早稲田教育評論 第25巻1号、pp. 1-14

磯村 一弘 (2009) 『音声を教える』 国際交流基金日本語教授法シリーズ2 ひつじ書房

今田滋子 (1990) 『発音』教師用日本語教育ハンドブック6 凡人社

国際交流基金 (1978) 『日本語:はつおん』 凡人社

窪園晴夫 (1998) 『音声学・音韻論』 くろしお出版

窪園晴夫 (2006) 『アクセントの法則』 岩波書店

戸田貴子 (2004) 『コミュニケーションのための日本語発音レッスン』スリーエーネットワーク

戸田貴子編 (2008) 『日本語教育と音声』くろしお出版
成績評価方法 Participation/presentations & group discussion 10%
Weekly quizzes 30%
5 chapter exercises 20%
3 hands-on activities 20%
Mini research 20%
備考・関連URL
この科目を履修するにあたっては、「英語音声学を既に履修していること、あるいは音声学について基礎知識があることが望ましい。また、水曜3限「実験音声学」(隔年開講)を同時に履修することにより、コンピューターによる音声分析のスキルも習得できる。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read