cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
Introduction to Literature and Culture F

担当教員 和氣 一成
学期曜日時限 秋学期  火2時限
科目区分 英語英文学科 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 11-809(演習室) キャンパス 早稲田
科目キー 1503007052 科目クラスコード 06
授業で使用する言語 英語
  コース・コード LITE207S
大分野名称 文学
中分野名称 英語圏文学
小分野名称 概論
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

授業概要

This course is  designed to prepare first-year students for the various English-medium classes that they will take in subsequent academic years, by building the academic and English language skills that will be required in such courses. Students will be familiarized with basic information and knowledge relevant to the topic chosen by each instructor.

授業の到達目標 The first goal of these two courses is to bridge the gap between students’ current English skills and the higher-level skills required to take courses in English. Second, students will learn about topics concerning language and communication as well as literature and culture as an essential step in progressing to advanced courses.

授業計画
1:
第1回:オリエンテーション(本講義の目的と概要)
オリエンテーション(本講義の目的と概要) / 本講義の目的と概要について説明します。
2:
第2回: Psychoanalytic Criticism 

Psychoanalytic Criticism (1)

3:
第3回 Psychoanalytic Criticism 

Psychoanalytic Criticism (2)

4:
第4回 Marxist Criticism 

Marxist Criticism(1)

5:
第5回 Marxist Criticism
6:
第6回 New Criticism

New Criticism(1)

7:
第7回 New Criticism

New Criticism(2)

 

8:
第8回 Structuralist Criticism

Structuralist Criticism(1)

9:
第9回 Structuralist Criticism

Structuralist Criticism(2)

10:
第10回 Reader-response Criticism

Reader-response Criticism (1)

11:
第11回 Reader-response Criticism

Reader-response Criticism (2)

12:
第12回  Deconstructive Criticism

Deconstructive Criticism(1)

13:
第13回  Deconstructive Criticism
14:
第14回 Lesbian, Gay, and Queer Criticism

Lesbian, Gay, and Queer Criticism

 

15:
総復習

まとめ

教科書 Lois Tyson. Using Critical Theory: How to Read and Write About Literature (Routledge, 2011)
テキストは

成文堂
http://www.seibundoh.co.jp/pub/guide/tenpo.html

以下は地図になります
http://www.seibundoh.co.jp/_include/maps/map1.html

に一括注文してあります。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0% N/A
レポート: 50% 授業初回に詳しく説明します。
平常点評価: 50% 出席と授業参加、提出物なども含まれます。
その他: 0% N/A
備考・関連URL

単位認定については以下を基準とします。

*遅刻は2度目以降欠席とします。また、追試や特別課題などの救済措置は、教育実習や介護実習、忌引きや病気などの特別な理由がない限りは原則として認めません。また、その場合は事務所の証明書が必要です。クラブ活動や就職活動などによる欠席は特別措置の対象にはなりませんのでご注意ください。

 

原則として次の場合は単位を認定できません。

1.通年で4回以上欠席した場合。

2.試験を受験しなかった場合。

3.総合評価が100点満点中、60点に満たなかった場合。

4.授業態度が悪く、学ぶ意思が感じられなかった場合。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read