cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
英語音声学II A

担当教員 折井 麻美子
学期曜日時限 秋学期  金2時限
科目区分 選択必修(言語学・応用言語学系) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 16-507(コンピュータ教室) キャンパス 早稲田
科目キー 1503007068 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LNGA203S
大分野名称 言語学
中分野名称 応用言語学
小分野名称 概論
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

授業概要 音声学・音韻論の基本概念を学ぶとともに,発音の仕方,音変化の諸現象など,現代英語の音声についての理解を深める。 あわせて発音練習も行う。 リスニング練習を通じて、英語の聞き取りに慣れるととともに、シャドーイングを行い、英語のリズムを身につける。
授業の到達目標 音節や英語特有の音変化などの理解を深め、発音練習を通じてリスニングのコツを学び、英語らしい発音を目指して基礎練習を行う。
事前・事後学習の内容 オンデマンドコンテンツの視聴および課題を解くこと。
授業計画
(1) -(3) 音素論の原理
(4) -(6) 音節 (オンディマンド授業含む)
(7) -(12) 音変化の解説(オンディマンド含む)と発音練習(教室授業)
(13) 発音テスト
(14) 筆記試験と解説
(15) TBA

成績評価方法
割合 評価基準
試験: 50% 筆記試験
その他: 50% 発音試験
備考・関連URL
(1)「英語音声学 I 」の履修を前提とする。
音声器官、英語の母音と子音、音節構造に関する基礎知識を身につけていることを前提とした授業を実施する他、
筆記試験についても、前述の知識を踏まえた内容で実施するので、「英語音声学 I」の単位取得済みでない学生は、
単位取得の可能性が低いため、履修を勧めない。

(2)本年度春学期以前に「英語音声学 I」を履修した学生について
また、本年度春学期以前に「英語音声学 I]の単位を取得した学生については、I での学習内容をよく復習した上で、
本授業を履修のこと。I の内容が不確かなままで履修すると、授業内容が分からず、単位取得の可能性が低くなるので、
十分に注意すること。


ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read