cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
歴史学演習I G

担当教員 堀越 宏一
学期曜日時限 通年  月5時限
科目区分 社会科地理歴史専修 配当年次 3年以上 単位数 4
使用教室 16-710(演習室) キャンパス 早稲田
科目キー 1504014535 科目クラスコード 07
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード HISV281S
大分野名称 歴史学
中分野名称 その他 歴史学
小分野名称 その他
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

副題 中近世ヨーロッパ史研究入門
授業概要

 中世と近世のヨーロッパ史(517世紀頃)を対象として、4年次の西洋史分野での卒論作成に至る基本的な勉強方法を学ぶ。このため、ヨーロッパ中近世史の入門書から専門論文などの文献を段階的に選び、詳しく読んでいく。

 前期には、『岩波講座・世界歴史』シリーズから幾つかの基本的論文を選んで、講読する。授業では、テキストの報告担当者を事前に決めて、その内容要約報告に基づいて、全員でテキストを読んでいく。

 後期にも、同程度のレベルの論文ないし専門書を選んで講読する。これと合わせて、参加者各自が主に中近世ヨーロッパ史に関する日本語論文を選び、その要約と解説の報告を行うという作業を、各自2~3回行う。これに関しては、各回の報告者は、授業で配布する要約を事前に作成したうえで、45分程度の発表を行う。また、報告者以外の参加者にもあらかじめ論文コピーを配布するので、各自、その論文を事前に読み、十分に予習し、報告者の発表の後に質問とコメントを行うこととする。

 

授業の到達目標  年間を通じて、中世と近世のヨーロッパ史の専門研究に関する基本的知識、具体的な研究のテーマと研究方法を幅広く把握する。また、テキストの内容要約の報告を行うことにより、報告レジュメの作成、口頭報告、議論などの方法を会得する。
 後期の授業では、各自が関心を持つ専門研究論文を探索し、読むことを通じて、日本語で書かれた西洋史の専門的な研究論文の探索・入手方法からその読解にいたる勉強方法に習熟することを目指す。
 これらを学ぶことを通じて、卒業論文のテーマ探しとその制作準備を開始することが最終目標である。
事前・事後学習の内容  授業で取り上げるテキストのの予習は不可欠。
授業計画

【前期】

1.年間スケジュールと授業の進め方に関するガイダンス。教科書とヨーロッパ中近世史関係の研究入門書、参考書の説明。テキストの配布と次回以降の報告分担の決定。

2.『岩波講座・世界歴史』シリーズ中の論文の講読(1

3.講読(2

4.講読(3

5.講読(4

6.講読(5

7.講読(6)

8.講読(7)

9.講読(8)

10.研究論文の探索と入手方法の説明。

11.講読(9)

12.講読(10

13.講読(11)

14.講読(12)

15.次回以降の報告分担の決定。研究論文の内容報告の模範例提示。

 

【後期】

1.論文講読(1)

2.講読(2)

3.講読(3)

4.講読(4)

5.講読(5)

6.講読(6)

7.研究論文報告(1)

8.研究論文報告(2)

9.研究論文報告(3)

10.研究論文報告(4)

11.研究論文報告(5)

12.研究論文報告(6

13.研究論文報告(7

14.研究論文報告(8

15.今後の学習指導

教科書  授業で読む論文などについては、コピーして事前に配布する。
参考文献  授業中に適宜指示する。
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 100% テキストについて、参加者が行う要約報告とそれに関する質疑応答の内容により、評価する。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read