cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
入門演習 C

担当教員 北澤 裕
学期曜日時限 春学期  木3時限
科目区分 社会科公共市民学専修 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 16-503 キャンパス 早稲田
科目キー 1504030001 科目クラスコード 03
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード BSPX101S
大分野名称 基礎演習
中分野名称 基礎演習
小分野名称 基礎演習
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

副題 大学生になったなら
授業概要

この入門演習では、わかりやすく簡単な本を読んだり単なる感想文や個人の思いを書くのではなく、高度な専門書や資料を読み理解し考えるスキル、答案やレポートから卒業論文まで論理的で説得力あるアカデミックな文章を書くスキル、的確なプレゼンテーション(発表・報告)を行う基本的なスキルを、主に社会学の論文と文献に触れながら学び、楽しみつつ積極的に学習して行く大学生としての能力を高めてゆく。

授業の到達目標 在学中の学習みならず社会に出てからも役立つ「理解力」「思考力」「説明力」を養う。
事前・事後学習の内容 事前学習:指定された文献を必ず読み、重要な点、疑問点などを書き取っておく。
事後学習:再度文献を読み理解と思考を深め、さまざま授業でのレポートや報告で活用する。
授業計画

第1回 :オリエンテーション:なぜ授業がつまらなくなるのか

第2回 :レポート、論文てなに?

第3回 :論文の読み方(1)作者は死んだ?

第4回 :論文の読み方(2)作者(書くこと)と読者(読むこと)

第5回 :論文の読み方(3)理解と想像

第6回 :論文の読み方(4)縁の下の力持ち

第7回 :中間考察

第8回 :文章の書き方(1)何をどのように課題とするか?

第9回 :文章の書き方(2)参考文献、本とネット

第10回:文章の書き方(3)引用と剽窃

第11回:図書館の利用方法:文献・資料の探し方

第12回:発表・報告の仕方

第13回:プレゼンテーション(1)

第14回:プレゼンテーション(2)

第15回:まとめ


教科書 伊藤奈賀子・宮原一哉編「アカデミック・スキル入門」有斐閣、2017年
北澤 裕「眼差しの世界」三和書籍、2017年
参考文献 戸田山和久「新版 論文の教室」NHKブックス、2012年
成績評価方法 試験は行わない。事前・事後の学習状況や課題への取り組み、出席、報告により総合的に評価する。
備考・関連URL 授業計画は目安であり、進捗状況により各回の入れ替えを行う場合がある。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read