cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
経済学概論I

担当教員 藁谷 友紀
学期曜日時限 秋学期  木3時限
科目区分 社会科公共市民学専修 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 15-202 キャンパス 早稲田
科目キー 150403000B 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード ECNE201L
大分野名称 経済学
中分野名称 経済学一般
小分野名称 経済学一般
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

副題 経済学の考え方・分析用具としての経済学
授業概要 経済学の構造と考え方を理解すると同時に、経済現象を分析する用具としての使い勝手について学ぶ。
授業の到達目標 新聞やその他メディアで扱われる経済現象について、
・経済学的にどう理解することができるか、
・課題は何なのか、
・それに立ち向かうためにはどうすれば良いのかについて、
自立的に考察する力を養う。
授業計画
1:
第1回
経済学とはなにかー構造と理論の特徴
2:
第2回
ミクロ経済学の基本的考え方-アダム・スミスの命題
3:
第3回
家計の自利心にしたがった行動
4:
第4回
企業の自利心にしたがった行動
5:
第5回
市場調整とその成果・失敗
6:
第6回
1929年世界恐慌と経済学
7:
第7回
マクロ理論ーケインズ理論の誕生とその意味
8:
第8回
45度線モデルで見たマクロ的均衡ー不完全雇用均衡
9:
第9回
財政政策と乗数効果
10:
第10回
45度線モデルの特徴・問題点
11:
第11回
貨幣市場についてどう考えるか
12:
第12回
貨幣需要と貨幣市場の均衡
13:
第13回
IS-LMモデルでみた、マクロ的均衡
14:
第14回
財政政策と金融政策の有効性と限界
15:
第15回
まとめと経済変動理論への展望
教科書 必要に応じて挙げる。
参考文献 必要に応じて挙げる。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 80% 期末の試験により評価。理解度分析力を問う。
平常点評価: 20% 講義時間中の質疑応答に積極的に参加する等、勉学意欲について評価する。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read