cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
地質学入門-地球の物質

担当教員 海老原 充/小笠原 義秀/鈴木 由希
学期曜日時限 春学期  木3時限
科目区分 理学科地球科学専修 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 6-201 キャンパス 早稲田
科目キー 1505030001 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PLNX201L
大分野名称 地球惑星科学
中分野名称 地球惑星科学
小分野名称 地球惑星科学
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

授業概要 本科目は鉱物学・岩石学を中心とした分野の入門レベルの講義である。地質学のなかの物質科学的分野を中心に,太陽系や地球を構成する元素の存在度,元素の集合体である鉱物,鉱物の集合体である岩石について,系統的かつ階層的に学ぶ。鉱物と岩石についてはその分類学と成因論の基礎について理解を深める。さらに,地表近傍におけるマグマ活動の産物である火山やそれに伴う災害,マグマの活動とそれに起因する熱水活動の性質と金属資源の形成等について学ぶ。
授業の到達目標  宇宙や太陽系,地球における元素存在度とその成因論的意味の理解から始まり,地球を構成する物質としての鉱物・岩石の性質とそれらの分類学の基礎,更に形成プロセスについての基礎を学び,過去・現在の地球を物質科学の立場から理解できるようになることが目標である。次年度以降の関連専門科目履修のための基礎知識習得になることをめざす。
事前・事後学習の内容 授業中に適宜支持する。
授業計画

第1回:地球の物質について-総論と講義の進め方

第2回:元素・同位体:元素の起源、放射性元素、原子量、周期表、元素の化学的分類

第3回:太陽系の元素存在度:どのようにして求めるか、存在度(組成)値、特徴、確からしさ、意義、元素の宇宙化学的分類

第4回:地球の元素存在度:どのようにして求めるか、存在度(組成)値、特徴、確からしさ、意義、元素の地球化学的分類(ゴールドシュミットの元素分類)

第5回:鉱物とは何か,鉱物の分類、鉱物の性質,結晶構造

第6回:地球・惑星構成物質としての岩石とその分類

第7回:火成岩と火成作用

第8回:変成岩と変成作用

第9回:堆積岩と続成作用

第10回:火山と火山岩

第11回:様々な噴火様式

第12回:火山災害

第13回:エネルギー資源

第14回:鉱物資源

第15回:後半のまとめ

尚,上記計画は授業の進行状況や受講生の理解レベルに応じて変更される可能性がある。


教科書 E. J. Tarbuck, F. K. Lutgens & D.G. Tasa(2018):「Earth: An Introduction to Physical Geology」(12th Edition),Pearson-Prentice Hall. 新入生には入学時に配布される。
内田悦生・高木秀雄編著(2008):「地球・環境・資源―地球と人類の共生をめざして」,共立出版,2900円(+税)。
成績評価方法 筆記試験・小レポート・大レポート・出席等を基にして総合的に評価する。
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read