cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
惑星地球科学入門

担当教員 永井 裕人/山口 亮
学期曜日時限 春学期  金3時限
科目区分 理学科地球科学専修 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 6-401 キャンパス 早稲田
科目キー 1505035206 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PLNX204L
大分野名称 地球惑星科学
中分野名称 地球惑星科学
小分野名称 地球惑星科学
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

授業概要
<授業の到達目標及びテーマ>
高等学校で地学を学んでないことを想定し,惑星ならびに地球の全体像を把握することを目的とする.

<授業概要>
前半は,太陽系の惑星地球科学入門である.岩石の形成や化学的循環を含む地質プロセスを中心に学びながら,他の惑星と異なる地球のダイナミックなシステムを理解する.後半は,地球の大きさ,形はどうして求められたのか.その内部構造やプレートテクトニクス,プルームテクトニクス理論に貢献した地震,重力,地磁気などの地球物理学の初歩を解説し,春学期の内容とともに秋学期の「惑星地球の変動と進化」の基礎を学ぶ.
授業の到達目標 惑星地球科学分野の興味を深めてもらい,地球科学諸分野の基礎となる物理学的プロセスを習得する.
授業計画 [第1回] Introduction (永井・山口)
[第2回] 太陽系と惑星 (山口)
[第3回] 地球の構造とプレートテクトニクス (山口)
[第4回] 岩石と鉱物 (山口)
[第5回] 地質プロセス (山口)
[第6回] 地球と月の形成史(山口)
[第7回] 初期太陽系 (山口)
[第8回] 教場試験とその講評 (山口)
[第9回] 地球の形 (永井)
[第10回] 地震波と地球の構成 (永井)
[第11回] 重力 (永井)
[第12回] 地磁気と地熱 (永井) 
[第13回] 地球表層の放射収支 (永井) 
[第14回] 気候変動 (永井) 
[第15回] 教場試験とその講評(永井)
教科書 「地球・環境・資源:地球と人類の共生をめざして」内田・高木編著、共立出版
スクエア「最新図説地学」第一学習社
上記は生協で販売

"Earth - An Introduction to Physical Geology- 11th Edition" by Tarbuck, Lutgens & Tasa (2014). Pearson-Prentice Hall出版.本参考書は新入生に配布済.
成績評価方法 前半と後半の最後の2回の試験と出席を加味して評価する.
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read