cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
岩石記載法

担当教員 小笠原 義秀/鈴木 由希
学期曜日時限 秋学期  金4-5
科目区分 理学科地球科学専修B群 配当年次 2年以上 単位数 2
使用教室 6-201 キャンパス 早稲田
科目キー 1505035233 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PLNX343W
大分野名称 地球惑星科学
中分野名称 地球惑星科学
小分野名称 岩石・鉱物・鉱床学
レベル 上級レベル 授業形態 実習/実験/実技

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

副題 Windows to the Dynamic Earth
授業概要

注意事項:本科目の配当年次に関して、Web上のシラバスでは「2年以上」とされていますが、正しくは「配当年次:2年」です。本科目を履修するには「岩石学」(春学期)の成績がF以上であることが条件です。また、本科目は「岩石学」とともに単位を取得していることが「岩石学実験」(3年次)の履修条件になっています。


 地球物質科学の出発点と基本は,岩石試料を薄片(厚さ約25μm)として顕微鏡観察することから始まるといっても過言ではないでしょう。これまで考えられなかったような地球の大きな謎解きにつながる世界的発見が,偏光顕微鏡を用いた研究で明らかにされています。例えば,SiO2の高圧多形であるコース石の発見、変成作用起源のダイヤモンドの発見,地球深部流体の発見,マントル遷移層由来の物質の発見等。

 本科目は,偏光顕微鏡を用いた岩石薄片の観察により、岩石がもつ情報を取り出し,それを基に岩石を記載し理解する力を身に付けることを目的としています。岩石や構成造岩鉱物を調べることで,地球内部のどのような情報を取り出すことができるのか,そしてそれをもとに岩石がどのような場でどのような過程で形成されたのかを,マグマの産物である火成岩を事例として考えます。前半はその方法論として,岩石・鉱物観察用に特別に設計された偏光顕微鏡を駆使するための結晶光学理論と活用手順の修得(光学基礎実験)をめざします。後半はそれを活用して、岩石・鉱物の記載を中心とした実験を行います。履修者が多い場合は実験内容が多少変更される可能性があります。


)関連資料に掲載されている画像は偏光顕微鏡の直交ポーラ-下で撮影した両輝石安山岩の写真です。本実験科目で使用する岩石試料のひとつです。比較的大きな結晶は、斑晶の斜方輝石と単斜輝石。

 

授業の到達目標 偏光顕微鏡を用いた岩石薄片の観察により、岩石がもつ情報を取り出し,それを基に岩石を記載し理解する力を身に付けることを目的としています。
事前・事後学習の内容 ここに記すまでもなく、授業時間以外の学修は当然であり、その内容については受講者自身が的確に判断すべきである。
授業計画

1.はじめに:岩石からわかること(1回)

   偏光顕微鏡は"Windowto the Dynamic Earth"

   例:大陸衝突と偏光顕微鏡下のダイヤモンド(C)・コース石(SiO2)

   この授業の到達目標解説


2.偏光顕微鏡でみる岩石の世界(1回)

   まず偏光顕微鏡を用いて岩石薄片を観察してみます.

   そこで観察される事象を以後の授業で理解してゆきます

   使用偏光顕微鏡:オリンパス光学製POS顕微鏡(一部の学生は別型を使用)


3.偏光顕微鏡観察のための理論的背景;結晶光学の基礎(2回)

   光の性質

   光学的等方体・光学的異方体

   光学的一軸性結晶・光学的二軸性結晶

   屈折率曲面・光学的インディカトリックス

   光軸・光学的方位

   光学的分散

   多色性

   光学異常


4.偏光顕微鏡で見る鉱物の世界:鉱物の光学的性質(3回)

   偏光顕微鏡の操作法のマスター

   光学的等方体と光学的異方体の理解と確認

   光学的一軸性結晶と光学的二軸性結晶の理解と確認

   屈折率と複屈折の理解と確認

   偏光顕微鏡観察:オルソスコープ

      単ポーラでの観察法

           屈折率の概則

           多色性の観察

      直交ポーラでの観察法

           消光角の測定

           複屈折の測定

   偏光顕微鏡観察:コノスコープ

      1軸性・2軸性の判定

      1軸性結晶の正負決定

      2軸性結晶の光軸角の概測


5.偏光顕微鏡で見る岩石中の鉱物(2回)

   珪長質鉱物:石英・斜長石・正長石・白雲母

   苦鉄質鉱物:黒雲母・カンラン石・単斜輝石・斜方輝石・ホルンブレンド

 

6.火山岩:観察・記載(2回)

   苦鉄質岩:カンラン石玄武岩(海洋地殻の主要岩石)

     斑晶の存在とその意味

     使用岩石試料:米国アリゾナ州SPマウンテン産カンラン石玄武岩

   珪長質岩:流紋岩


7.深成岩:観察・記載(3回)

   苦鉄質岩:斑レイ岩

     苦鉄質マグマからの結晶化とその順序

     相平衡図による火成岩組織の理解

   珪長質岩:花崗岩(大陸地殻の主要岩石)


 上記の項目の実験の授業を行います。授業項目は記載岩石学の初歩レベルに必要な最低限の項目になっています。受講者の理解レベルにより多少進行度が変化する可能性があります。したがって、割愛せざるを得ない項目も出てくる可能性もあります。回数が15回と少ないので、各回の集中力をより高めて実験に臨むことを期待しています。


教科書 「偏光顕微鏡と岩石鉱物」黒田・諏訪著(共立出版)(生協等で購入できる)。
参考文献 共立全書
「岩石学I-偏光顕微鏡と造岩鉱物-」
「岩石学II-岩石の性質と分類-」
「岩石学III-岩石の成因-」都城秋穂・久城育夫(共立出版)。
「Earth's Materials: Minerals and Rocks」著者Gautam Sen,出版社:Prentice Hall
成績評価方法 出席状況,実験ノート、小レポート,大レポート、筆記試験等を基に総合的に判断します。
備考・関連URL

1. 定員の設定はありません。下記項目2に該当する学生を除き、履修希望者は全員受講できます。

2. 「岩石学」(春学期)の成績がF以上であることが本科目の履修条件になっています。

3. この科目および「岩石学」の単位を取得すること(成績がC以上であること)は、3年次の「岩石学実験」を履修するための条件になっています。この科目または「岩石学」の単位を取得できなかった場合、翌年に「岩石学実験」を履修することができなくなります。その結果、卒業研究開始のコア科目の条件に「岩石学実験」が指定されている研究室で4年次に卒業研究ができなくなります。

4.実験科目ですので全出席を前提としています。欠席した場合その後の実験について行けなくなる可能性があります。特別配慮すべき理由なく4回以上欠席した場合は不合格となる可能性があります。


ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read