cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
構造地質学基礎演習

担当教員 高木 秀雄
学期曜日時限 秋学期  金1時限
科目区分 理学科地球科学専修 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室 構造地質学研究室(高木研究室) キャンパス 早稲田
科目キー 1505035281 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PLNX323S
大分野名称 地球惑星科学
中分野名称 地球惑星科学
小分野名称 地質学
レベル 上級レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

授業概要 次年度に履修する卒業研究の内容を教員が提案し,卒業研究に関連する論文を集め,要約して発表する。
前半の発表は主に日本語または英語の教科書やレビュー論文の文献を中心に,後半の発表は海外の文献を中心にまとめる.
授業の到達目標 卒業研究に向けた基礎知識を習得し,あわせて英語の読解力の向上をめざす.同時に卒業研究のテーマを絞り込む.
事前・事後学習の内容 論文紹介等のプレゼンの準備を,事前学習として充分に実施しておくこと.
授業計画
卒業研究のテーマ候補を選択し,そのテーマに関連する既存の論文を紹介する.
想定される主要なテーマは,下の通り.

関東山地のペルム紀花崗岩類の起源
花崗岩のマイロナイト化に伴う石英の結晶方位変化 (哀牢山剪断帯など)
石灰岩のマイロナイト化に伴う方解石の結晶方位変化
断層ガウジ,カタクレーサイトのX線CTスキャンによる三次元組織解析
シュードタキライトとカタクレーサイトの石英破片の微細構造の解析と識別
カタクレーサイトと断層ガウジの石英破片の微細構造の解析と識別
マイロナイト化に伴う石英のCL(カソードルミネッセンス)スペクトルの変化
マイクロクラックを用いた古応力場の解析
など


教科書 プリントを使用する。
参考文献 各自で文献を探索する.
成績評価方法 毎回の発表で評価する.
備考・関連URL  論文紹介については,Power Point などのプレゼンテーションソフトを使えるようにしておくこと.そのほか,Illustrator, Photoshopもある程度使いこなせるようになることが望ましい.

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read