cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
進化古生物学演習

担当教員 守屋 和佳
学期曜日時限 通年  水3-4
科目区分 理学科地球科学専修 配当年次 4年以上 単位数 4
使用教室 6-107 キャンパス 早稲田
科目キー 1505035298 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PLNX471S
大分野名称 地球惑星科学
中分野名称 地球惑星科学
小分野名称 層位・古生物学
レベル 総仕上げ 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

授業概要 卒業研究に関連した文献精査ならびに研究結果の発表・討論を行う.
授業の到達目標 的確に問題を見出すための観察力,論理的な思考力,プレゼンテーションを通じた的確なコミュニケーション能力を身につける
演習報告の作成を通じて,科学的な文書作成能力を身につける
ゼミでの活発な議論を通じて,科学的思考力を養い,自身の研究の意義をより明確にする.
授業計画 ゼミ形式で授業を行う.各自,
(1)論文紹介(4月)
(2)研究計画発表(5月)
(3)演習報告発表(6月)
(4)研究進捗報告(7,9.10月)
(5)研究中間発表(11月)
の発表を行う.
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 50% 自身の卒業研究に関わるテーマのレビュー論文(演習報告)を執筆する(6月30日17:00提出締切).最低25篇の英文査読誌に掲載された論文を批判的に講読し,それらを総合的に批評することで,未解決の問題点や,自身の卒業研究への示唆を得る.
平常点評価: 50% すべてのゼミへの参加を前提とし,各自の発表を評価する.自身の発表のみでなく,他者の発表に対して批評し,積極的に意見する姿勢も評価の対象となる.
また,毎月末にプログレスレポートを提出し,研究の進捗状況報告を行う.

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read