cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
地質図学演習

担当教員 太田 亨/高木 秀雄
学期曜日時限 秋学期  水3-4
科目区分 理学科地球科学専修B群 配当年次 2年以上 単位数 2
使用教室 6-201 キャンパス 早稲田
科目キー 1505037752 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PLNX328W
大分野名称 地球惑星科学
中分野名称 地球惑星科学
小分野名称 地質学
レベル 上級レベル 授業形態 実習/実験/実技

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

授業概要  地質図学では,地質学の基礎となる地質系統の3次元空間分布(幾何学)を2次元平面に表現する手法を学ぶ。地表における地質系統の分布や地質構造を地形図上に表現した地質図の性格,その読み方と解釈法を解説したうえで,地質図作成に不可欠な原理,テクニック,地質図・地質断面図・地質柱状図作成法ならびにステレオ投影法を学ぶ。授業の前半は太田准教授による地質図学および地質調査法の講義を4回程度行う。後半は高木教授により,教材である「基礎地質図学」の中から問題を選択し,地質図・断面図・ステレオ投影図を作成して毎回の課題をその日のうちに提出する。秋楽器の他の授業との兼ね合いから,ステレオ投影法を先に学ぶ.
授業前半の講義では以下の内容を説明する。
1.地質図の基礎
2.地質図の見方
3.地質図から見たプレートテクトニクス
4.地質図から見た日本列島の地体構造論
授業の到達目標 上記の学びを習得する(課題未完成の場合は毎回再提出が課せられる).
事前・事後学習の内容 ほぼ毎回のように宿題が出るが,提出が遅れると減点の対象になる.
授業計画
1:
第1回
講義1.地質図の基礎
実習1.面と線のステレオ投影法 課題36   

2:
第2回
講義2.地質図の見方
実習2.  回転操作1 課題37, 3938) 

3:
第3回
講義3.地質図から見たプレートテクトニクス
実習3 回転操作2(古流向解析) 課題40   

4:
第4回
講義4.地質図から見た日本列島の地体構造論
実習4.πダイアグラム 課題41  

5:
第5回
実習5 πダイアグラム 課題45  
6:
第6回
実習6 地形図の読み方 課題4
7:
第7回
実習7  地層境界の引き方 課題89,10

8:
第8回
実習8 低角度傾斜の地質図・断面図 課題1112,13

9:
第9回
実習9 不整合,断層を含む地質図・断面図 課題1614,17
10:
第10回
実習10 地質図の読み取り 課題19   (3年地質調査実習発表会と同時並行)
11:
第11回
実習11 露頭図から描く地質図・断面図 課題2024)  

12:
第12回
実習12 褶曲を含む断面図 課題25 
13:
第13回
実習13 褶曲を含む断面図 課題26(27,29)  

14:
第14回
実習14 地質図から描く褶曲・不整合を含む断面図と地史 課題33(31

15:
第15回
実習15 課題(宿題)最終締切
教科書 教材:大杉・坂・高木 著「基礎地質図学」(作成と読図):初回から使用するので,講義が始まる前に,生協ブックセンターで購入しておくこと (1,300円)
参考文献 坂 幸恭 著「地質調査と地質図」(朝倉書店)
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 100% 毎回実施する演習課題提出で評価する.
再提出は−1点
期日に遅れて提出されたものは−2点 ただし,2週間を超えて遅れた場合と未提出は−4点
として減点法で採点する.提出は最後の授業時間中に締め切られる.
備考・関連URL 3年にC群選択科目として設置されている「地質調査実習」を履修するためには,この演習の単位を修得しなければならない.
また,3年C群の「地球科学実習(北海道巡検)」を履修する上で,本演習を履修しておくことが望ましい.
毎回準備するもの:色鉛筆(12色で充分),平行線が描ける方眼などが入った定規(25cmまたは30cm),電卓(三角関数が必要).
あると便利なもの:スケールプロトラクター(分度器付き定規)または分度器
返却された回答を整理するA4クリアーファイル

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read