cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
数学演習2 L

担当教員 横森 貴
学期曜日時限 通年  木3-4
科目区分 数学科 配当年次 4年以上 単位数 8
使用教室 14-708数学演習室(5) キャンパス 早稲田
科目キー 150600001T 科目クラスコード 12
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード MATX403S
大分野名称 数学
中分野名称 数学
小分野名称 数学
レベル 総仕上げ 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

授業概要 数学演習1Lあるいは3年次までに学習し履修した基礎的な数学
(特に論理学、応用数学、情報数学など)をもとに、さらに発展した
内容の情報数学や計算機科学一般のテーマを、自主的に選択して
学習し発表する。

   テーマの例として、

1.オートマトン理論・形式言語理論
2.計算モデルの理論
3.アルゴリズムとデータ構造論
4.グラフ理論
5.符号・暗号の理論
6.計算的学習の理論
7.自然計算の理論
8.生命情報科学における話題(ゲノム解析など)


などが考えられる (がこれに限らない).

授業の到達目標 各自の選択したテーマを発表を通して質疑を重ねていき,より
理解を深める.
授業計画 [第 1回]から[第 5回]まで:
「授業概要」において示したテーマの幾つかについて,入門的な
講議を行う.


[第 6回]から[第 25回]まで:
各受講者の選択したテーマに関して,資料(テキスト)を輪講し順番に
発表し,議論する.

[第 26回]から[第 30回]
各テーマ発表および討論と並行して,卒業研究の作成を
指導する.

教科書 講議中に適時指示する.
参考文献 講議中に適時指示する.
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 50% 卒業研究の内容を評価する。
平常点評価: 50% 授業中に適時だす質問・問題への回答,授業における積極性,発表態度を評価対象とする。
備考・関連URL テーマの選択は自由であるが,と同時に責任も伴うことに
留意して,十分に準備して発表にのぞむ事.

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read