cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 教育学部
科目名
複合文化学演習5 II

担当教員 原 克
学期曜日時限 秋学期  水4時限
科目区分 複合文化学科 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室 16-701 キャンパス 早稲田
科目キー 150700003F 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード CMFC382S
大分野名称 複合領域
中分野名称 文化(比較文化・ジェンダー論・カルチュラルスタディーズ)
小分野名称 その他
レベル 上級レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:07:34

副題 「都市はボクらの自然だ 都市型大衆文化のディスクール分析」
授業概要 「都市はボクらの自然だ 都市型大衆文化のディスクール分析」
前期授業を発展的に継承し、みなさんの中間報告の続きならびに最終プレゼンテーションを中心に授業を展開してゆきます。中間報告やプレゼンテーションに当たっては、準備段階も含めて、原がいつでもサポート態勢につきます。テーマの設定や分析方法、その他なんでも気軽に相談して下さい。一緒に考えてゆきましょう。
授業の到達目標 表象分析の方法論を身につける。
授業計画  後期授業、最初は原が再度プレゼンテーションを行い、新しいトピック、問題設置の仕方、分析の手法、理論的背景や基本文献などをブラッシュアップします。その間みなさんには、夏期休暇中に考えてきたテーマや分析の視点などについて話しをしてもらい、中間報告・プレゼンテーションへの準備を整えてもらいます。その後、再度みんなで討論・アドバイス・情報交換を重ね、後期末の最終プレゼンテーションをめざします。
[第 1回]原によるプレゼンテーション
[第 2回]ゼミ生によるプレゼンテーション
[第 3回]ゼミ生によるプレゼンテーション
[第 4回]ゼミ生によるプレゼンテーション
[第 5回]ゼミ生によるプレゼンテーション
[第 6回]ゼミ生によるプレゼンテーション
[第 7回]ゼミ生によるプレゼンテーション
[第 8回]ゼミ生によるプレゼンテーション
[第 9回]ゼミ生によるプレゼンテーション
[第10回]ゼミ生によるプレゼンテーション
[第11回]ゼミ生によるプレゼンテーション
[第12回]ゼミ生によるプレゼンテーション
[第13回]ゼミ生によるプレゼンテーション
[第14回]ゼミ生によるプレゼンテーション
[第15回]最後のまとめ

教科書 随時、授業中に指示します。
参考文献 随時、授業中に指示します。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0% なし。
レポート: 50% 課題レポートの評価による。
平常点評価: 50% 毎回出席を取る。
その他: なし。
備考・関連URL この授業は水曜5限の演習と一体のものなので、水曜4限・5限は連続して受講すること。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read