cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2016年度 開講箇所 商学部
科目名
英語I(習熟度別)準上級 総合英語A 16

担当教員 実松 克義
学期曜日時限 春学期  水2時限
科目区分 外国語I(英語) 配当年次 1年以上 単位数 1
使用教室 11-812 キャンパス 早稲田
科目キー 1600002062 科目クラスコード 16
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LANE101F
大分野名称 語学
中分野名称 英語
小分野名称 英語
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 外国語

シラバス情報

最終更新日時:2016/02/18 09:30:17

授業概要  英語圏の文化と日本の文化の差異を理解しながら、リーディングを中心にリスニングの力も高めることを目指し、総合的な英語読解力の養成を図る。
 各自の習熟度に合ったクラスを受講することで、「文法・語彙の復習→増強」「基本的な文章や文章構成の理解→より高度な文章や文章構成の理解」「英語発音の基本チェック→リスニング能力の向上」などの階梯を自分の力に合わせて習得することを狙いとする。
授業の到達目標 高校までに学習した文法・語彙(含・慣用語句)をチェックしながら両者の知識を増強することで、内容のある現代英語の文章をより正確に読みとる力をつけることを目指す。文章構成の流れや英語圏の文化・経済にも注意を向け、より高度な文章を理解する訓練をする。発音・聴きとりの基礎を確認したうえで、生の英語(日常会話レベル~英米のTVニュースなど)にふれリスニング能力の向上も図る。
授業計画

 各担当者が授業中に指示する。

 範囲、項目、力点のおき方は、担当者によって異なるので、第1回目の授業には、必ず出席をすること。

教科書  各担当者が授業中に指示する。
参考文献  各担当者が授業中に指示する。
成績評価方法 担当者によって異なるが、外国語科目は、授業に出席し、演習に参加することが極めて重要であることは、言うまでもない。また、担当者によって、中間試験、課題、レポートなどが課される場合があるので、締切等に注意すること。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read