cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2016年度 開講箇所 商学部
科目名
マーケティング論 2

担当教員 恩藏 直人
学期曜日時限 春学期  01:月1時限/02:木1時限
科目区分 要項適用年度により異なるため、詳細はROUTE巻末 学科目配当表をご参照ください。 配当年次 1年以上 単位数 4
使用教室 01:11-501/02:11-501 キャンパス 早稲田
科目キー 1600004403 科目クラスコード 02
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード CMMM101L
大分野名称 商学
中分野名称 マーケティング
小分野名称 マーケティング
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2016/02/15 17:55:44

授業概要  この講義は、初めてマーケティングを学ぶ学生を対象としています。従って、マーケティングとは何か、マーケティングではどのような専門用語が用いられるのかなど、基礎的な内容について分かりやすく解説する予定です。 企業は製品やサービスをわたしたち消費者へ提供しています。この製品やサービスが、わたしたちの手もとに届くまでには、企業は並々ならぬ努力をしています。どのように消費者ニーズを探り当てたらよいのか。製品のどこを改良したらよいのか。どのようなブランドをつけたらよいのか。価格をいくらに設定したらよいのか。どのような店舗で販売したらよいのか、など。これらの点について理解してもらうことがこの講義の狙いです。
授業の到達目標  本講義の到達目標は、マーケティングの基礎的用語を理解し、マーケティングの視点でビジネスを眺められるようにすることである。
事前・事後学習の内容 授業で学んだ理論や枠組みを意識して、経済・経営に関する記事(新聞や雑誌など)を読むこと。
授業計画
1:
第1回
第1回 マーケティングとは何か(ガイダンス)
2:
第2回
第2回 マーケティング発想第
3:
第3回
第3回 マーケティング・ミックス
4:
第4回
第4回 事業の定義
5:
第5回
第5回 市場の細分化
6:
第6回
第6回 消費者調査
7:
第7回
第7回 市場データの捉え方
8:
第8回
第8回 市場データの集計と分析
9:
第9回
第9回 消費者行動
10:
第10回
第10回 マーケティング環境
11:
第11回
第11回 戦略的マーケティング
12:
第12回
第12回 市場参入戦略
13:
第13回
第13回 製品戦略
14:
第14回
第14回 ブランド戦略
15:
第15回
第15回 事例研究1
16:
第16回
第16回 前半のまとめ
17:
第17回
第17回 マーケティング・コミュニケーション
18:
第18回
第18回 価格決定
19:
第19回
第19回 価格戦略
20:
第20回
第20回 セールス・プロモーション戦略
21:
第21回
第21回 広告戦略
22:
第22回
第22回 人的販売
23:
第23回
第23回 営業戦略
24:
第24回
第24回 流通戦略
25:
第25回
第25回 無形サービスの特徴
26:
第26回
第26回 サービス・マーケティング
27:
第27回
第27回 リレーションシップ・マーケティング
28:
第28回
第28回 これからのマーケティング
29:
第29回
第29回 事例研究2
30:
第30回
第30回 後半のまとめ
教科書  恩藏直人著「『マーケティング』日本経済新聞社
参考文献 フィリップ・コトラー、ゲーリー・アームストロング、恩藏直人著 『コトラー、アームストロング、恩藏のマーケティング原理』(丸善)
和田充夫、恩藏直人、三浦俊彦著 『マーケティング戦略』(有斐閣)
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 70% 期末試験を実施します。
レポート: 30% 数回のレポートを提出してもらいます。
備考・関連URL  特になし。
講義動画
講義動画名
講義紹介

*講義動画は本学学生・教職員のみに公開されており、MyWasedaまたは成績照会/科目登録専用メニューにログインした状態でなければ視聴できません。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read