cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2017年度 開講箇所 商学部
科目名
起業家養成講座I 1

担当教員 清水 康/永井 猛
学期曜日時限 春学期  金4時限
科目区分 総合・学際科目分野 寄附講座等系/総合・学際科目群 寄附講座等系 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 11-501 キャンパス 早稲田
科目キー 1600004K08 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード MANX151L
大分野名称 経営学
中分野名称 経営学
小分野名称 アントレプレナーシップ
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2017/04/03 22:54:56

授業概要  ピジョン株式会社の寄付により実施する起業家精神(アントレプレナーシップ)を育成する事を目的とした提携講座。早稲田大学インキュベーション推進室と連携し、アントレプレナーに必要な企画構想力、ディベート力、リーダーシップ力、プレゼンテーション力などを身につけると共に、すでに起業家・経営者としてビジネス界で活躍している方々の体験談などから、企業の経営の本質、リーダーシップや起業家精神等を学ぶ事を目的とする。
 具体的には、講座の約半分は本学教員らによる起業、会社運営に必要となる知識に関する講義と、ビジネスプランコンテストに充て、残り半分を起業家・経営者の方々による講演とディスカッションとする。
 ビジネスプランの作成実習については(1)受講した全学生からビジネスアイデアを募集、(2)20程度のアイデアに絞る、(3)各アイデア10名程度のチーム分けを行いグループワーク形式でビジネスプランをブラッシュアップし作成提出、(5)提出されたビジネスプランから10チーム程度を選出(5)授業内のビジネスプランコンテストで発表することで起業におけるチームワークの重要性も学習する。なお、グループワークを行う時間、方法については各チーム内で決定する。
授業の到達目標 起業家精神の醸成と基礎的能力の修得
授業計画
1:
4月7日:ガイダンス
 商学学術院 教授 永井 猛
2:
4月14日:会社にとっての理念と企業価値
 ピジョン株式会社 代表取締役社長 山下 茂
3:
4月21日:アントレプレナーシップとは
 GEC 客員教授 瀧口 匡
4:
4月28日:(未定)
 商学学術院 客員准教授 鶴谷武親
5:
5月12日:エレベータピッチ(前半)

高千穂大学 助教 永井竜之介

6:
5月19日:エレベータピッチ(後半)

高千穂大学 助教 永井竜之介

7:
5月26日:企業価値(バリュー)算定、ファイナンス
 商学学術院 教授 西山 茂
8:
6月 2日:証券市場と株式上場
 東京証券取引所 上場推進部 課長 宇壽山 図南
 株式会社フォトクリエイト ファウンダー取締役会長
 兼 株式会社CCC フォトライフラボ 代表取締役社長 白砂 晃
9:
6月 9日:数字ファクトロジック・日本の課題
 ライフネット生命株式会社 代表取締役会長 兼 CEO 出口 治明
10:
6月16日:投資される経営 売買される経営
 みさき投資株式会社 代表取締役社長 中神 康議
11:
6月23日:起業のマーケティング
 商学学術院 教授 永井 猛
12:
6月30日:
 商学部デー
13:
7月 7日:起業体験談
 株式会社オプティム 代表取締役社長 菅谷 俊二
14:
7月14日:ビジネスプラン発表会(10チーム⇒5チーム)

高千穂大学 助教 永井竜之介

15:
7月21日:ビジネスプラン発表会(5チーム⇒1チーム)

高千穂大学 助教 永井竜之介

成績評価方法 出席:50%、ビジネスアイデア/ビジネスプラン:50%
備考・関連URL 本科目は、グローバルエデュケーションセンター(GEC)の実践型教育プログラム「ビジネス・クリエーションコース」の対象科目です。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read