cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2015年度 開講箇所 理工学部
科目名
電磁気学B (3クラス)

担当教員 若尾 真治
学期曜日時限 秋学期  金3時限
科目区分 専門科目・応用科目 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 52-101教室 キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 1715004345 科目クラスコード 03
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PHYP21ZL
大分野名称 物理学
中分野名称 物理学
小分野名称 量子物理学
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2016/09/17 20:34:02

授業概要
 
 電力から情報通信まで電気を使う全ての技術の文字通り土台であり、多くの生命現象の元ともなっている重要な電磁気現象を学ぶことを目的とする。同時に自然科学の中で数学的な説明が最も美しくなされ、最も体系的な学問であるとも言われる電磁気学を通じ自然科学の考え方の修得し、理論構築の楽しさ、美しさを体験することを目的とする。電磁気Bの範囲は、色々な媒質中の電磁界が中心となる。高校で物理を学んで来なかった学生さんが対象であることを踏まえて、物理学の基礎知識を与えることにも意を払いながら、分かり易く教えていく。
 授業計画の全ての記載は一応の予定である。授業の内容や進行速度あるいは順序を変更すること、上に記載のない授業期間中の試験実施等の種々の変更を講ずることがある。

 予習として、教科書における次回講義内容箇所の事前読了を求めます。

授業の到達目標 媒質中の電磁界を理解する。
授業計画

1)1誘電体

11 誘電体と誘電分極

12 誘電分極の種類

(2)13 誘電体中の静電界

14 誘電体の境界面での境界条件

(3)2電流

21 オームの法則

22 抵抗の接続

23 電池

24 連続媒質中の電流

25 電力

(4)3

3 インダクタンス

31 自己インダクタンス

32 相互インダクタンス

33 誘導起電力

(5)4磁石と磁性体

41 磁石による磁界

42 磁性体

(6)43 磁気回路

(7)5静電界および静磁界の特殊解法

51 影像法

52 影像法の静電界への適用

521 接地された導体平板と点電荷

522 接地された導体球と点電荷

(8)523 導体球と導体平板

524 平行な2本の無限長導体円柱

525 点電荷と誘電体

53 影像法の静磁界への適用

531 影像磁荷法

532 影像電流法

54 電荷重畳法

(9)6電界の力とエネルギー

61 電界のエネルギー密度

62 点電荷の有するエネルギー

63 導体の有するエネルギー

(10)64 帯電導体の表面に作用する力

65 コンデンサの両極板に作用する力

66 誘電体の境界面に働く力

67 マクスウェルの応力

(11)7 磁界の有するエネルギーと回路などに働く力

71 磁界のエネルギー密度

72 電流回路の磁気エネルギー

73 電流回路に働く力

74 磁性体の境界面に働く力

(12)8 電磁波

81 変位電流

82 マクスウェルの電磁方程式

(13)83 波動方程式

84 平面電磁波

85 電磁波の境界条件

86 エネルギーの流れ

(14)理解度確認(中間)テスト[実施日未定]

(15)理解度確認テスト

教科書 「教えて?わかった!電磁気学」大木義路、田中康寛、若尾真治 オーム社
成績評価方法 試験: 90% 講義内容、課題等に関する筆記試験を実施し、評価を行う。
レポート: 10% 講義内容に関連する課題について、レポートとして提出し、評価を行う。
備考・関連URL
◎ レポート
1. レポートの書式 - レポートの用紙はA4とする。 - レポートの書き出しには a. 科目名  b. 学生番号・氏名  c. 出題日・提出日 などの情報を第1ページの上部に記載すること。
2. レポートの提出場所 - 講義中に別途指示する。
3. 期限外レポートの扱い - レポートは期限内に提出すべきものであることは言うまでもないが、期限に遅れたものについてもそれなりの評価を行う。よって遅れたからといって諦めずに必ず提出すること。
4. その他 - 白紙に近いレポートは未提出と同じ扱いとする。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read