cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 社会科学部
科目名
会計学

担当教員 菅野 浩勢
学期曜日時限 春学期  01:火3時限/02:火4時限
科目区分 基盤専門科目・商学分野 配当年次 2年以上 単位数 4
使用教室 01:14-514/02:14-514 キャンパス 早稲田
科目キー 1800000001 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード ACCX201L
大分野名称 会計学
中分野名称 会計学
小分野名称 会計学
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/28 18:04:33

授業概要  株式会社は、株主や債権者から調達した資金を用いて経営活動を行い、その結果を財務諸表(貸借対照表や損益計算書等)にとりまとめて定期的に公表している。財務諸表は、企業の経営状況を網羅的かつ簡潔に表示するため、企業に関する最も有益な情報源の一つと考えられている。そのため、財務諸表を読み解くために必要な簿記・会計の知識は、現代のビジネス・パーソンが身に着けるべき必須のスキルとして、英語やITとともに「ビジネスの三種の神器」と呼ばれることもある。
 本講義では、日商簿記検定2級~1級程度の商業簿記・会計学について学習する。「簿記」と本講義によって、日商簿記検定2級の商業簿記の試験範囲の大半をカバーしている。また、本講義と「外部報告会計論」によって、日商簿記検定1級の商業簿記・会計学の試験範囲の大半をカバーしている。
授業の到達目標 ・日商簿記検定2級~1級程度の比較的高度な商業簿記・会計学の知識を習得すること。
授業計画
1:
第1回 ガイダンス
講義概要、授業の進め方、成績評価、参考文献
2:
第2回 財務諸表総論
会計の意義と分類、財務諸表の意義、会計公準、財務会計の機能
3:
第3回 貸借対照表(1)
貸借対照表の意義、資産・負債・純資産の定義・認識・測定
4:
第4回 貸借対照表(2)
貸借対照表の表示の基本原則、流動・固定分類、流動性配列法、貸借対照表の区分表示
5:
第5回 損益計算書(1)
損益計算書の意義、収益・費用の定義・認識・測定
6:
第6回 損益計算書(2)
損益計算書の表示の基本原則、損益計算書の区分表示
7:
第7回 キャッシュ・フロー計算書
キャッシュ・フロー計算書の意義、現金及び現金同等物、キャッシュ・フロー計算書の区分、直接法と間接法
8:
第8回 企業会計制度(1)
企業会計制度の意義、金融商品取引法会計
9:
第9回 企業会計制度(2)
会社法会計、適時開示制度、会社法会計、財務諸表の入手方法
10:
第10回 会計基準(1)
会計基準の意義、日本基準、会計基準等の設定、会計基準等の入手方法、米国基準
11:
第11回 会計基準(2)
国際会計基準(IFRS)、指定国際会計基準、修正国際基準、概念フレームワーク
12:
第12回 一般商品売買
売上収益の認識基準、仕入取引、売上取引、消費税
13:
第13回 棚卸資産(1)
棚卸資産の範囲、売上原価の計算、棚卸資産の数量計算
14:
第14回 棚卸資産(2)
棚卸資産の評価方法、棚卸資産の評価基準
15:
第15回 中間試験
中間試験
16:
第16回 中間試験の解説
中間試験の解説
17:
第17回 有形固定資産(1)
有形固定資産の取得・売却・除却・滅失、建設仮勘定
18:
第18回 有形固定資産(2)
減価償却、減耗償却、取替法
19:
第19回 有形固定資産(3)
固定資産の減損、資産除去債務、投資不動産
20:
第20回 企業結合
企業結合の分類、取得の会計処理、のれん及び負ののれんの会計処理
21:
第21回 無形資産と繰延資産
法律上の権利、研究開発費、ソフトウェア、繰延資産
22:
第22回 リース(1)
リース取引の意義と分類、ファイナンス・リース取引
23:
第23回 リース(2)
オペレーティング・リース取引、セール・アンド・リースバック取引
24:
第24回 引当金(1)
引当金の意義と分類、修繕引当金、特別修繕引当金
25:
第25回 引当金(2)
商品保証引当金、売上割戻引当金
26:
第26回 工事契約
工事契約に係る認識基準、工事進行基準、工事完成基準、工事損失引当金
27:
第27回 税効果会計(1)
企業に課される税金、企業会計と課税所得計算の相違、法人税の申告と納付、税効果会計の仕組み
28:
第28回 税効果会計(2)
一時差異等の把握、繰延税金資産および繰延税金負債の計算・計上方法、繰延税金資産の回収可能性の判断、財務諸表における表示
29:
第29回 期末試験
期末試験
30:
第30回 期末試験の解説
期末試験の解説
教科書 レジュメを用いて講義する。
参考文献 中央経済社編『新版会計法規集(最新版)』中央経済社
渡部裕亘・片山覚・北村敬子著『検定簿記講義2級/商業簿記』中央経済社
渡部裕亘・片山覚・北村敬子著『検定簿記ワークブック2級/商業簿記』中央経済社
渡部裕亘・片山覚・北村敬子著『検定簿記講義1級/商業簿記・会計学(上巻)』中央経済社
渡部裕亘・片山覚・北村敬子著『検定簿記ワークブック1級/商業簿記・会計学(上巻)』中央経済社
渡部裕亘・片山覚・北村敬子著『検定簿記講義1級/商業簿記・会計学(下巻)』中央経済社
渡部裕亘・片山覚・北村敬子著『検定簿記ワークブック1級/商業簿記・会計学(下巻)』中央経済社
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 70% 中間試験35%、期末試験35%
レポート: 0% 加点要素としてレポートを課す場合がある。
平常点評価: 30% 小テストと発表
その他: 0% 特になし
備考・関連URL *履修の望まれる科目:「簿記」
 本講義では高度で複雑な計算や仕訳が要求されるため、簿記会計の全くの初心者が単位を取得することは困難である。「簿記」を未修得の場合には、日商簿記3級以上を取得済みであることが望ましい。

*関連URL
企業会計基準委員会(ASBJ) http://www.asb.or.jp/
国際会計基準審議会(IASB) http://www.ifrs.org/
財務会計基準審議会(FASB) http://www.fasb.org/
菅野ゼミのホームページ https://sites.google.com/site/kannozemiwaseda/

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read