cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 社会科学部
科目名
簿記 B

担当教員 菅野 浩勢
学期曜日時限 秋学期  01:金3時限/02:金4時限
科目区分 基盤専門科目・商学分野 配当年次 1年以上 単位数 4
使用教室 01:8-B107/02:8-B107 キャンパス 早稲田
科目キー 1800000104 科目クラスコード 02
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード ACCX201L
大分野名称 会計学
中分野名称 会計学
小分野名称 会計学
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/28 18:04:33

授業概要  株式会社は、株主や債権者から調達した資金を用いて経営活動を行い、その結果を財務諸表(貸借対照表や損益計算書等)にとりまとめて定期的に公表している。財務諸表は、企業の経営状況を網羅的かつ簡潔に表示するため、企業に関する最も有益な情報源の一つと考えられている。そして、この財務諸表を作成するための技術が(複式)簿記である。簿記の仕組みを理解していれば、財務諸表から企業の経営状況に関するより多くの情報を読み取ることができるようになる。したがって、簿記に関する知識は、企業において財務諸表を作成する経理担当者のみならず、企業に関わるすべてのビジネス・パーソンにとって有益である。
 本講義では、複式簿記の基本的な仕組みを理解するために、日商簿記検定3級~2級程度の個人企業の商業簿記について学習する。本講義によって、日商簿記検定3級の商業簿記の試験範囲の大半をカバーしている。また、本講義と「会計学」によって、日商簿記検定2級の商業簿記の試験範囲の大半をカバーしている。
授業の到達目標 ・日商簿記検定3級~2級程度の基本的な商業簿記の知識を習得すること。
授業計画
1:
第1回 ガイダンス

講義概要、授業の進め方、成績評価、参考文献

2:
第2回 財務諸表総論

財務諸表の意義、会計公準、貸借対照表、損益計算書

3:
第3回 複式簿記の基礎

簿記の意義と分類、会計帳簿、勘定

4:
第4回 期中手続

簿記一巡の手続、取引の識別、仕訳、転記

5:
第5回 決算予備手続(1巡目)
試算表の作成、6桁精算表の作成
6:
第6回 決算本手続(1巡目)

決算振替手続、帳簿の締切、財務諸表の作成

7:
第7回 現金

現金、現金出納帳、現金過不足、小切手、小口現金、小口現金出納帳

8:
第8回 預金(1)

当座預金と当座借越、当座預金出納帳

9:
第9回 預金(2)

銀行勘定調整表

10:
第10回 商品売買(1)

商品売買の記帳方法、仕入取引、仕入帳

11:
第11回 商品売買(2)

売上取引、売上帳、商品有高帳

12:
第12回 売掛金と買掛金(1)

債権・債務の意義と分類、売掛金と買掛金

13:
第13回 売掛金と買掛金(2)

売掛金元帳と買掛金元帳、売掛金明細表と買掛金明細表、クレジット売掛金

14:
第14回 債権の貸倒れ
債権の貸倒れ、貸倒引当金
15:
第15回 中間試験
中間試験
16:
第16回 中間試験の解説

中間試験の解説

17:
第17回 その他の債権債務(1)

貸付金と借入金、前渡金と前受金、他店商品券と商品券

18:
第18回 その他の債権債務(2)

未収金と未払金、立替金と預り金、仮払金と仮受金

19:
第19回 手形(1)

受取手形と支払手形、約束手形、為替手形、手形の決済

20:
第20回 手形(2)

手形の裏書譲渡・割引、受取手形記入帳と支払手形記入帳

21:
第21回 手形(3)

自己宛為替手形、自己受為替手形、営業外手形、金融手形、手形の更改、手形の不渡り

22:
第22回 有価証券

購入と売却、売買目的有価証券の時価評価、利息・配当金の受取り、債券の端数利息の処理

23:
第23回 有形固定資産

購入と売却、資本的支出と収益的支出、減価償却、買換え

24:
第24回 資本金

資本の元入れ・引出し、個人企業の税金、当期純損益の計上

25:
第25回 収益と費用(1)

収益・費用の見越し

26:
第26回 収益と費用(2)

収益・費用の繰延べ、消耗品

27:
第27回 決算予備手続(2巡目)

棚卸表の作成、試算表の作成、8桁・10桁精算表の作成 

28:
第28回 決算本手続(2巡目)

決算整理手続、決算振替手続、帳簿の締切、財務諸表の作成

29:
第29回 期末試験
期末試験
30:
第30回 期末試験の解説
期末試験の解説
教科書 レジュメを用いて講義する。
渡部裕亘・片山覚・北村敬子著『検定簿記ワークブック3級/商業簿記(最新版)』中央経済社
渡部裕亘・片山覚・北村敬子著『検定簿記ワークブック2級/商業簿記(最新版)』中央経済社
参考文献 渡部裕亘・片山覚・北村敬子著『検定簿記講義3級/商業簿記(最新版)』中央経済社
渡部裕亘・片山覚・北村敬子著『検定簿記講義2級/商業簿記(最新版)』中央経済社
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 100% 中間試験50%、期末試験50%
レポート: 0% レポートを課す予定はない。
平常点評価: 0% 加点要素として小テストの点数を加味する。
その他: 0% 特になし
備考・関連URL *関連URL:
菅野ゼミのホームページ https://sites.google.com/site/kannozemiwaseda/

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read