cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 社会科学部
科目名
EU地域研究 1

担当教員 鈴木 規子
学期曜日時限 春学期  火4時限
科目区分 基盤専門科目・社会科学総合分野 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 14-403 キャンパス 早稲田
科目キー 1800000271 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード INTA251L
大分野名称 国際関係論
中分野名称 国際関係学
小分野名称 国際社会学
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義
  コース・コード INTA261L
大分野名称 国際関係論
中分野名称 国際関係学
小分野名称 トランスナショナル研究
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/28 18:04:33

副題 EUと市民
授業概要 現在様々な危機に見舞われているEUについて、その歴史・理念・機構を説明しながら、EUと加盟国の関係について理解します。そして、現在起こっている危機について市民権をキーワードに概説します。取りあげるテーマは、デモクラシー、移民難民問題、イギリスのEU離脱を予定しています。
授業の到達目標 EUの歴史・理念・機構を学び、現在起こっている諸問題について理解を深める。
事前・事後学習の内容  予習として、事前に教科書などの事前読了をしてもらいます。予習には30分程度かかる予定です。
授業計画
1:
第1回
オリエンテーション 
  本講義の目的と概要について説明します。 
 
2:
第2回 欧州統合とは

導入として、欧州統合の歴史について概説します。

  

 

3:
第3回 欧州統合の父たち
欧州統合を牽引してきた政治家の行動から、欧州統合の理念について学びます。
4:
第4回 EC/EUの機構
EC/ EUの機構について説明します
5:
第5回 欧州経済統合から政治統合へ

経済統合から政治統合を進めた時代背景や経緯を説明します。

6:
第6回 EUの制度とデモクラシー

EUの政治機構と加盟国との間の主権について説明します。

7:
第7回 EUにおける市民
EU市民権について
8:
第8回 EUにおける移民難民政策

域内の自由移動と域外の国境管理について

9:
第9回 加盟国における移民・難民受入れ状況1
フランスの事例
10:
第10回 加盟国における移民・難民受入れ状況2
ドイツの事例
11:
第11回 加盟国における移民・難民受入れ状況3
スウェーデンの事例
12:
第12回 EUとBrexit
イギリスとEUの関係と、国民投票の結果について
13:
第13回 ヨーロッパにおけるポピュリズム
移民・難民受入れ反対や反EUを唱える加盟国国民の反応について
14:
第14回 EUのゆくえ
様々な危機に見舞われているEUが、今後どうなるのか考える。

15:
第15回 試験
まとめとして試験を行います。
参考文献 小久保康之編『EU統合を読む』春風社、2016年。
鈴木規子『EU市民権と市民意識の動態』慶應義塾大学出版会、2007年。
 その他は、講義の時に紹介します。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 100% 到達目標
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read