cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 社会科学部
科目名
政治学入門 B

30303000

担当教員 厚見 恵一郎/池谷 知明/稲生 信男
学期曜日時限 秋学期  水2時限
科目区分 専門入門群・自箇所 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室   キャンパス 早稲田
科目キー 1800000748 科目クラスコード 02
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード POLX101L
大分野名称 政治学
中分野名称 政治学
小分野名称 政治学
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/05/24 22:48:06

授業概要

専門科目としての政治学への入口を示すために、政治思想・比較政治・行政学をそれぞれ専門とする3名の担当者が順に講義をおこないます。

第1部 政治の概念(第1-5回 担当:厚見恵一郎)

第2部 政治過程と政治制度(第6-10回 担当:池谷知明)

第3部 行政・地方自治(第11-14回 担当:稲生信男)

予習もしくは復習として、教科書ないし配布プリント等を読了することが望まれます。

読了に要する時間は1回あたり20-30分を想定しています。

授業の到達目標 受講生の皆さんが政治学の概要とその基本的な考え方を習得することを目標とします。
授業計画
1:
第1回 政治の概念

 導入として、「政治とは何か」について概述します。

2:
第2回 政治学の基礎概念:国家と政治体制
国家と政治体制の概念について講義します。
3:
第3回 政治学の基礎概念:権力とデモクラシー
権力とデモクラシーの概念について講義します。
4:
第4回 政治学の基礎概念:自由と平等
自由と平等の概念について講義します。
5:
第5回 政治学の基礎概念:平等論の展開
平等論の展開について講義します。
6:
第6回 政治過程(政党)
政治過程について主として政党を対象にしながら講義します。
7:
第7回 政治過程(政治参加)
政治過程について政治参加に焦点を当てて講義します。
8:
第8回 政治制度(選挙)
選挙制度を中心に政治制度について講義します。
9:
第9回 政治制度(議会)
議会制度に焦点を当てて政治制度について講義します。
10:
第10回 政治制度(執政府)
執政府に焦点を当てて政治制度について講義します。
11:
第11回 行政および行政学の意義
政治と行政との関係性、ならびに行政学の位置付けと体系について講義します。
12:
第12回 行政の政策形成
政治の意思決定に基づき行政がおこなう政策立案・実施・評価過程を概観します。
13:
第13回 行政の管理
行政管理の意義とあり方について最近の動向も踏まえて講義します。
14:
第14回 地方自治概論
地方自治の意義と近時の動向ならびに地方自治をめぐる論点について講義します。
15:
第15回 教場試験
教場試験をおこないます。
教科書 ○第1-5回:特に指定しません。レジメを配布します。
○第6-10回:特に指定しません。
○第11-14回:特に指定しません。
参考文献 ○第1-5回:川崎修・杉田敦編『現代政治理論 新版』、有斐閣、2012年。砂原庸介・稗田健志・多湖淳『政治学の第一歩』、有斐閣、2015年。永井史男・水島治郎・品田裕編著『政治学入門』、ミネルヴァ書房、2019年。その他、授業内で適宜紹介します。
○第6-10回:授業内で適宜紹介します。
○第11-14回:授業内で適宜紹介します。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 100% 教場試験を中心に評価します。
備考・関連URL *2008年度以前に「政治学」の単位を修得している学生は、履修できません。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read