cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 社会科学部
科目名
経済学入門 1〔ミクロ経済学〕 A

30303000

担当教員 北村 能寛
学期曜日時限 春学期  水2時限
科目区分 専門入門群・自箇所 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 15-302 キャンパス 早稲田
科目キー 1800000753 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード ECNE101L
大分野名称 経済学
中分野名称 経済学一般
小分野名称 経済学一般
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/28 18:04:33

授業概要

経済学の初学者を対象として、ミクロ経済学の講義を行なう。

ミクロ経済学とは、経済の構成員である消費者、企業等の
個々の行動パターンを分析し、それらがどのように関連しあい
経済全体に影響するかを考える「微視的」な視点から
経済を分析する学問である。

 

予習として、指定教科書の各章を事前に読むことが求められる(60分程度)。

また、復習として毎回講義後、コースナビを介した小テストを行う予定である。

授業の到達目標 基礎的なミクロ経済学の知識を応用し、現実の経済現象を理解できることを目標とする。
事前・事後学習の内容 コースナビを利用した小テストによる、理解度確認を毎回の講義終了後におこなう。これには20分程度の回答時間を要すると考える。
授業計画
1:
第1回
第1回: 講義ガイダンス(経済学とは)

2:
第2回
第2回: 需要と供給1(需要・供給曲線) 第1章
3:
第3回
第3回: 需要と供給2(需要・供給曲線) 第1章
4:
第4回
第4回: 市場均衡 第2章

5:
第5回
第5回: 市場の効率性と政府介入 第3章

6:
第6回
第6回: 市場の失敗と政府の役割1 第4章

7:
第7回
第7回: 市場の失敗と政府の役割2 第4章

8:
第8回
第8回: 企業行動と財の供給1 第5章

9:
第9回
第9回: 企業行動と財の供給2 第5章

10:
第10回
第10回: 消費者行動と財の需要1 第6章

11:
第11回
第11回: 消費者行動と財の需要2 第6章

12:
第12回
第12回: 競争均衡と効率的資源配分1 第7章

13:
第13回
第13回:競争均衡と効率的資源配分2 第7章

14:
第14回
第14回:問題演習

15:
第15回
第15回: 教場試験(終了後解説を含む)
教科書 古沢 泰治 (著), 塩路 悦朗 (著) 2018年 『ベーシック経済学 -- 次につながる基礎固め』新版 有斐閣アルマ
参考文献 伊藤元重(2015年)『入門|経済学(第4版)』日本評論社
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 100% 講義内試験(数回実施予定)、期末試験で評価する。
講義内試験は、コースナビを利用した小テスト形式で行う予定。
評価ウエイトは、(小テスト:期末テスト)=(5:5)を予定
備考・関連URL
理解力をより確実とするため、実際の講義進行は予定より
遅れる可能性があります。

*2008年度以前に「経済学基礎」の単位を修得している学生は、履修できません。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read