cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School School of Social Sciences
Course Title
Present-day Economies of Russian and East European 1

Instructor GEMMA, Masahiko/IKEMOTO, Shuichi
Term/Day/Period spring semester  Wed.4
Category Interdisciplinary Research Eligible Year 3rd year and above Credits 2
Classroom 14-403 Campus waseda
Course Key 1800000759 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code ECNA311L
First Academic disciplines Economics
Second Academic disciplines Applied Economics
Third Academic disciplines International Economics / Development Economics
Level Advanced, practical and specialized Types of lesson Lecture

Syllabus Information

Latest Update:2019/02/28 18:04:33

Subtitle ロシア東欧現代経済
Course Outline



旧社会主義諸国の歴史とその遺産について理解をはかり、EUの周辺国家として組み込まれていった旧東欧諸国の経済の現状をチェコ、ハンガリー、ポーランドなどを例に考察する。春科目では東欧の農業とチェコの現代経済(とくにEU拡大とFDI)について議論する。

旧社会主義諸国の歴史と遺産をと東欧の農業問題は弦間が、チェコ経済の概況と問題点は池本が担当する。

東ヨーロッパについての基本的知識を涵養するのが一つの目標である。

 

 

Objectives 東ヨーロッパについて知的関心を深め、多少の専門的知識をもつ
before/after course of study Before and after class, students are encouraged to go through class materials in CourseN@vi. This will take 60 to 120 minutes each week.
予習復習としてCourse N@viに掲載する資料の学習を求める。これには90分~120分かかると想定される。
Course Schedule
1:
第1回
弦間  旧社会主義諸国の歴史と遺産
2:
第2回
弦間 体制転換後の東欧農業
3:
第3回
弦間 EU統合前の東欧農業
4:
第4回
弦間 EUの共通農業政策と東欧農業
5:
第5回
弦間 2004年以降の東欧農業 共通農業政策の改革と東欧農業

6:
第6回
弦間 東欧農業の今後の発展
7:
第7回
池本 中東欧地域の基礎知識
8:
第8回
池本 社会主義経済体制について
9:
第9回
池本  体制転換の特色と問題点
10:
第10回
池本 体制転換の特色と問題点
11:
第11回

池本 チェコ経済の特色

12:
第12回
池本 チェコ経済の特色(続き)と他の中東欧経済の概要 
13:
第13回

池本 EU東方拡大と中東欧

14:
第14回

池本 中東欧への直接投資(特に日系企業)の動向

15:
第15回
弦間 総括
Textbooks 講師ごとに、必要に応じて授業中に指定する。

西村可明編『ロシア東欧経済』日本国際問題研究所,2004年
池本・岩崎・杉浦編著『グローバリゼーションと体制移行の経済学』文眞堂,2008年
Reference 講師ごとに、必要に応じて授業中とCourseN@viで指示する。
Evaluation
Rate Evaluation Criteria
Exam: 0% 試験は行わない
Papers: 70% それぞれの講師が課題を出し、それに対するレポートの内容を評価する
Class Participation: 30% 出席と議論への参加を評価する
Others: 0% 特になし
Note / URL

*2008年度以前に「社会科学総合研究D7」の単位を修得している学生は、履修できません。

関連URL:
ロシアNIS貿易会  http://www.rotobo.or.jp/
北海道大学スラブ研究センター http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read