cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 社会科学部
科目名
行政学 I

30303000

担当教員 稲生 信男
学期曜日時限 春学期  金3時限
科目区分 基盤専門科目・政治学分野 配当年次 2年以上 単位数 2
使用教室 14-405 キャンパス 早稲田
科目キー 1800000870 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード POLX251L
大分野名称 政治学
中分野名称 政治学
小分野名称 公共政策/行政学
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/28 18:04:33

副題 行政学の基礎理論
授業概要

行政学とは何か、実は定義することは難しい。あえていえば、行政部門において、政策立案から実施・評価に至るプロセスを担当するために採用された行政機構と、行政機構の担い手としての官僚集団ないしは公務員組織の行動の研究を包括的に行う学問である。本講義では、行政学の基礎理論について、制度・政策・管理の3側面から概括的に論じていく。



授業の到達目標 本講義の到達目標としては、主に現代行政をめぐる諸問題について、制度・政策・管理のいずれかの観点から、適切に論点を提起し、課題解決の切り口を見つけ出し、具体的な解決の方法を考察のうえ論述できるようになることである。
事前・事後学習の内容 準備学習としては、基本的に毎回、配布資料の読了と復習(60〜120分程度)を求める。
授業計画
1:
第1回:オリエンテーション
行政学の学問的位置づけと考察方法について論じる。主要な参照文献等についても紹介を行う。
2:
第2回:行政学のフレーム
行政サービスの歴史的展開と行政学の理論枠組について概要を論じる。
3:
第3回:官僚制と民主制ならびに行政学説史
官僚制と民主政治との関係を論じつつ、行政学にかかる主要な学説の変遷について素描する。
4:
第4回:日本の行政システム(1)
議員内閣制を始めとする日本の省庁制などの行政機構の特徴を論じる。
5:
第5回:日本の行政システム(2)
公務員制度の変遷と特徴ならびに制度改革の動向について概観する。
6:
第6回:予算・決算制度
日本の予算制度の概要を中心に、予算と決算制度の概要ならびに会計検査制度の枠組みについて論じる。
7:
第7回:中央省庁の意思決定方式
主に日本の省庁における意思決定までのプロセスとその内容、ならびに意思決定方式の特徴について論じる。
8:
第8回:官僚制組織の作動
官僚制組織の構造、官僚制における組織的行動の特徴等について概括的に論じる。
9:
第9回:官僚制の合理性と非合理性
ウェーバーの官僚制概念を中心に、主要な官僚制概念の特徴と論点を明らかにする。
10:
第10回:官僚制とモデル(1)
ダウンズの官僚や官僚機構の行動様式分析やゲーム理論などの官僚制のいわゆる演繹モデルについて概観する。
11:
第11回:官僚制とモデル(2)
政官関係論やクロージェらの官僚制のいわゆる帰納モデルについて概観する。
12:
第12回:中央地方関係
各国の中央地方関係の制度的特徴を比較により明らかにしつつ、中央地方関係をめぐる現代的課題について素描する。
13:
第13回:行政責任論(1)
行政責任のうち制度的行政責任の諸相について体系的に論じる。
14:
第14回:行政責任論(2)
行政責任のうち非制度的責任とよばれる利益団体やマスメディア等による統制や自律的責任について論じる。
15:
第15回:まとめと理解度の確認
まとめと理解度の確認
教科書 特に指定しない。講義の内容に即して、プリントを配布する。
参考文献 以下に挙げるものはあくまでも主要参考文献であり、あらかじめ購入する必要はない。講義時に、適宜参考文献リストを提示する。
西尾勝著『行政学〔新版〕』有斐閣、2001年。
真淵勝著『行政学』有斐閣、2009年。 
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 70% 学期末に教場試験を実施し評価をおこなう。
レポート: 30% 学期中に2回レポート課題を出す予定である。
平常点評価: 0% 評価しない
その他: 0% 評価しない
備考・関連URL 関連URL:
特になし。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read