cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 社会科学部
科目名
ゼミナールII(現代社会学研究/春学期)

担当教員 周藤 真也
学期曜日時限 春学期  水5時限
科目区分 ゼミナールII・III 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室 12-402 キャンパス 早稲田
科目キー 1800001227 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード SOCX381S
大分野名称 社会学
中分野名称 社会学
小分野名称 その他
レベル 上級レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/28 18:04:33

授業概要  各自が、社会学理論あるいは興味のある社会現象の中からテーマを設定して社会学的探求を行うことを通して、「言語論的転回」以後の社会学の可能性を考える。本ゼミナールでは、各自がそれぞれのテーマについて探求するだけでなく、互いのテーマに関連する文献を一緒に読んだり、テーマの異なる者同士で議論したりすることを重視したい。各自の社会学的探求を通して、文献・資料の集め方、調査の仕方、レポート・論文の書き方を修得する。
授業の到達目標 社会学の各領域について見識を深める。
事前・事後学習の内容 本科目では、講読するテキストの事前読了の予習と、発表や個人研究に関する事前準備と発表後の指導内容の復習が必須である。予習・復習には、90~120分程度かかると想定される。
授業計画
1:
第1回
授業計画および進め方の説明、グループ分け、発表予定者の決定
2:
第2回
応用文献講読(1)・テーマ研究準備(1)
3:
第3回
応用文献講読(2)・テーマ研究準備(2)
4:
第4回
応用文献講読(3)・テーマ研究準備(3)
5:
第5回
応用文献講読(4)・テーマ研究準備(4)
6:
第6回
応用文献講読(5)・テーマ研究発表(1)
7:
第7回
応用文献講読(6)・テーマ研究発表(2)
8:
第8回
応用文献講読(7)・テーマ研究発表(3)
9:
第9回
応用文献講読(8)・テーマ研究発表(4)
10:
第10回
応用文献講読(9)・テーマ研究発表(5)
11:
第11回
応用文献講読(10)・テーマ研究発表(6)
12:
第12回
応用文献講読(11)・テーマ研究発表(7)
13:
第13回
応用文献講読(12)・テーマ研究発表(8)
14:
第14回
応用文献講読(13)・テーマ研究総括
15:
第15回

全体総括、課題の確認

 

教科書 講読するテキストはゼミ生と相談して決める。ほか、各自のテーマに応じて適宜指示する。
参考文献 全体で講読するテキストに関連する文献は教場にて紹介する。また、各自のテーマに応じて適宜参考文献を紹介する。
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 100% 出席、発表、討論、研究への取り組みにより総合的に評価する。
備考・関連URL

【補足説明】

3年生は、水4にサブゼミとしてテキスト講読を行い、水5に各ゼミ生が分担するテーマ研究の発表を中心に行う。

社会学の広範な領域と様々な考え方すべて教えることは不可能なので、ゼミ生の自主的かつ主体的な取り組みが求められる。テーマ研究は、担当教員と連絡を取りながら積極的に進めること。


【履修が望まれる科目】
ゼミナールの一部クラスでは、担当教員が現ゼミ生に「履修することが望まれる科目」を指定している場合があります。
これは必修や前提科目ではありませんが、各自で社会科学部HP等で該当科目を確認し、科目選択の指針のひとつとしてください。

 

【関連URL】

http://www.f.waseda.jp/ssuto/(研究室ホームページ)


【ゼミナール紹介】

 みなさんは社会学についてどれほど知っているでしょうか? このゼミでは社会学について深く学んでいきます。私達は、普段自分達の生きている社会について何も疑問を抱くことなく生きているかもしれません。しかし、そのような社会に対して疑問を投げかけ、それについて研究していくことで、自分の常識を壊していくゲーム的な要素を含む学問が社会学です。つまり、この学問が対象とする範囲は幅広いものとなります。家族などの身近な人間関係から社会問題まで様々なものが対象となります。このような対象を、調査・研究・記述する時に社会学的な考えを用いて研究していきます。
 まだ何も社会学について知らない人でも、このゼミでは初めに土台作りのためのテキスト講読から始まります。そして、そこから分野におけるディスカッションを経て卒業論文に向けての研究へ進んでいきます。また、年に二回あるゼミ合宿や忘年会などでゼミの人々と仲を深めるきっかけとなるでしょうし、一緒に過ごす時間や考えを共有していく時間も多いため、さらに仲良くなることもできます。
 最後に、客観的な視点からこの社会に対して疑問を抱くことで自分の知らなかった景色を見ることがこのゼミを通して得られるでしょう。是非、この周藤ゼミで一緒に勉強していきましょう。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read