cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 社会科学部
科目名
ゼミナールII(国際経済法研究/秋学期)

担当教員 福永 有夏
学期曜日時限 秋学期  水5時限
科目区分 ゼミナールII・III 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室 14-404 キャンパス 早稲田
科目キー 1800001262 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LAWE311S
大分野名称 法学
中分野名称 国際法
小分野名称 国際公法
レベル 上級レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/28 18:04:33

授業概要

一つの産品又はサービスを選び、その産品・サービスに係る国際経済活動と国際経済法上の問題について、主体的に調査し、日本語または英語で発表する。

過去の調査テーマの例:「日本の農産物を輸出する場合にどのような貿易障壁に直面するのか」、「どこのメーカーがどのような航空機を生産し、それに対して国がどのような補助を行っているのか」、「東南アジアに高速鉄道を輸出する際にどのようなリスクが生じうるか」、など。

貿易や投資に関する日本語および英語の新聞(日経新聞、Financial Times、Wall Street Journalなど)の記事を読んで議論する。

4年生に対しては、希望があれば、卒論執筆の指導を行う。

授業の到達目標 国際経済法に関する問題についての理解を深める。
国際経済活動の実態について、主体的に調査し、日本語または英語で口頭で発表するとともに、レポートにまとめる力を身につける。
貿易や投資に関する時事的問題についての理解を深める。
事前・事後学習の内容 各人の調査テーマに応じて準備を進めることが求められる(2~3時間程度/1週間)。
授業計画
1:
第1回:オリエンテーション(本講義の目的と概要)

 本講義の目的と概要について説明する。

2:
第2回:調査研究の方針1

何について調査研究を行うか方針を発表する。

3:
第3回:調査研究の方針2

第2回と同様。

4:
第4回:文献・資料の調べ方

国際経済法に関する日本語・英語文献の調べ方を学ぶ。

5:
第5回:卒論研究の方針

何について卒論研究を行うか方針を発表する。

6:
第6回:

学習成果のまとめと発表。

7:
第7回:書評1

調査研究を行う産品やサービスに関する文献を紹介し、批判的に分析する。

8:
第8回:書評2

第7回と同様。

9:
第9回:書評3

第7回と同様。

10:
第10回:書評4

第7回と同様。

11:
第11回:調査研究発表1

調査研究の結果を日本語または英語で発表する。

12:
第12回:調査研究発表2

第11回と同様。

13:
第13回:調査研究発表3

第11回と同様。

14:
第14回:調査研究発表4

第11回と同様。

15:
第15回:卒論発表

卒論研究の成果を発表する。

教科書 なし。
参考文献 適宜指示
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 30% ゼミナール中に指示する。
平常点評価: 70% 発表、発言、議論への貢献度などを総合的に評価する。
備考・関連URL

【履修が望まれる科目】
ゼミナールの一部クラスでは、担当教員が現ゼミ生に「履修することが望まれる科目」を指定している場合があります。
これは必修や前提科目ではありませんが、各自で社会科学部HP等で該当科目を確認し、科目選択の指針のひとつとしてください。

 

【ゼミナール紹介】

単位取得には、十分な予習が必要です。ゼミナールを通じて日本語および英語の読解力、調査力、発表力を養う意欲のある学生の受講を求めます。

ゼミ生から特に希望がない限り、合宿等の課外活動は予定していません。

卒論は、ゼミ生から執筆希望があれば指導しますが、必須ではありません。卒論を執筆しない場合は、各ゼミ生の希望に応じて別の課題を課す予定です。

※前年度の調査研究・卒論の一部:http://www.waseda.jp/sem-iel/

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read