cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 社会科学部
科目名
ゼミナールIII(空間映像研究/秋学期)

担当教員 佐藤 洋一
学期曜日時限 秋学期  火4時限
科目区分 ゼミナールII・III 配当年次 4年以上 単位数 2
使用教室 12-401 キャンパス 早稲田
科目キー 1800001459 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード GSSH401S
大分野名称 総合社会科学
中分野名称 都市
小分野名称 都市
レベル 総仕上げ 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/28 18:04:33

授業概要

都市空間や生活空間を対象に、写真や映像を主な手段としながら、調査研究を進めていくゼミナールです。個人ベースの作業だけでなく、共同に進める作業も多くあり、特に年度末には学外で成果の展示会を3学年合同で行っています。2年(ゼミナール1)写真と映像制作を中心にしたプログラム

3年(ゼミナール2)東京をフィールドにした共同研究プロジェクト

4年(ゼミナール3)卒業プロジェクト(論文または作品制作)に各自が取り組みます

授業の到達目標 3年前期〜後期は、東京をフィールドとした共同研究プロジェクトを行います。

その年、その年でメンバーが入れ替わるのがゼミナールですが、その年のメンバーが共同化することであらたな場面や風景を生み出すことが目標です。その前提として、各自がスキルを高め、コミュニケーションを充実させて行くことための能力目標(コンピテンシー)を明確化しています。
事前・事後学習の内容 教室の中での活動は、主に報告と議論に割かれます。授業外で調査や制作などの作業を進めて、教室に持ち込むというのがゼミ生のスタンスです。
授業計画
1:
第1回
映像制作中間報告①
2:
第2回
映像制作中間報告②
3:
第3回
4年企画 全体WS 10月
4:
第4回
全体MTG
5:
第5回
仕上げ作業① 冊子/マップ/映像
6:
第6回
仕上げ作業② 冊子/マップ/映像
7:
第7回
4年企画 全体WS 11月
8:
第8回
仕上げ作業③ 冊子/マップ/映像
9:
第9回
展示準備
10:
第10回
展示作業
11:
第11回
講評会
12:
第12回
まとめ
13:
第13回
来期に向けて①
14:
第14回
来期に向けて②
15:
第15回
来期に向けて③
教科書 教場で指示する。なお、演習やまとめ、展示などで使用するため、
常用するPCにAdobe IndesignかAdobe Illustratorがインストールしてあることが望ましい。
授業のふりかえりと記録のために、リフレクションノートを使用する。
参考文献 教場で指示する。
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 100% 出席、課題作品の内容、提出状況も含む。
備考・関連URL

【関連URL】

ゼミナール活動の詳細はコンセプトブックをごらんください。

http://terasu-web.com/pdf/conceptbook_2016.pdf

 

 

【履修が望まれる科目】

ゼミナールの一部クラスでは、担当教員が現ゼミ生に「履修することが望まれる科目」を指定している場合があります。

これは必修や前提科目ではありませんが、各自で社会科学部HP等で該当科目を確認し、科目選択の指針のひとつとしてください。

 

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read