cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 社会科学部
科目名
国際金融論 I

担当教員 北村 能寛
学期曜日時限 春学期  月4時限
科目区分 先進専門科目・経済学分野 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室 14-401 キャンパス 早稲田
科目キー 1800001489 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード ECNA321L
大分野名称 経済学
中分野名称 応用経済学
小分野名称 金融論・ファイナンス
レベル 上級レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/28 18:04:33

副題 国際金融入門編
授業概要 国際資本市場の基本知識を解説し、マクロ経済学の理論を前提とした代表的な為替レートの決定理論を中心に講義する。
本学部設置科目である「経済学入門」レベルの経済学知識を要する。数学的な説明は最小限のものとし、経常収支の経済学的解釈等、
「経済学的な考え方」を学ぶ。
授業の到達目標 教科書の内容を十分に理解する。また、理論的な理解にとどまらず、その習得した理論的知識を現実の政策を考えることに応用したい。
事前・事後学習の内容 復習として教科書、参考図書の該当箇所を事後読了することを求めます。各回の復習には 30-60分前後かかると想定されます。
授業計画
1:
第1回

国際金融市場の特徴(マクロバランスからの検討)

2:
第2回

1章 為替レートと経済活動

3:
第3回

2章 外国為替相場と為替制度1

4:
第4回

2章 外国為替相場と為替制度2

5:
第5回

3章 購買力平価

6:
第6回

4章 金利平価モデル

7:
第7回

5章 マネタリー・モデル


8:
第8回

6章 効率的市場とマイクロストラクチャー

9:
第9回

7章 為替介入

10:
第10回

8章 固定為替制度と通貨危機

11:
第11回

9章 統一通貨圏と欧州経済危機


12:
第12回

講義内容総まとめ1


13:
第13回

講義内容総まとめ2


14:
第14回
講義内容総まとめ3

15:
第15回
教場試験(試験後解説を含む)
教科書 永易淳、江阪太郎、吉田祐司、 2015年 『はじめて学ぶ国際金融論』 有斐閣
参考文献 ポール クルーグマン, モーリス オブズフェルド, 2011年 『クルーグマンの国際経済学 下 金融編』ピアソン桐原

秋葉弘哉編(2010年)『国際経済学』ミネルヴァ書房
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 100% 期末試験で評価する

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read