cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 社会科学部
科目名
生命倫理と法 1〔生命の始期に関わる諸問題〕

担当教員 横野 恵
学期曜日時限 春学期  木2時限
科目区分 先進専門科目・法学分野 配当年次 3年以上 単位数 2
使用教室 15-202 キャンパス 早稲田
科目キー 1800001769 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LAWG351L
大分野名称 法学
中分野名称 新領域法学
小分野名称 医事法
レベル 上級レベル 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/28 18:04:33

授業概要  医学や生命科学の発展とともに,生命倫理にかかわる問題について社会が態度決定を迫られる機会が増えています。法は,社会が生命倫理の問題について態度を表明するためのひとつの手段であると考えられます。
 この講義では,とくに生命の始期に関わる問題に着目し,日本の法律や裁判例,政策を中心に,時事問題や諸外国の事例も取り上げつつ,生命倫理と法にかかわる問題をさまざまな角度から考えます(必要に応じて映像資料を使用します)。
 毎回の授業の予習としてCourse N@viに掲載する講義スライドに事前に目を通しておいてください。予習には30分程度かかると想定されます。
授業の到達目標 (1)生命倫理に関わる諸問題とそれに関連する法の現状を理解する
(2)現代社会の一員として,生命倫理の問題に対してどのような態度で臨むべきかについて考えを深める
授業計画
1:
第1回
ガイダンス
2:
第2回
生命倫理と法にかかわる基本的な概念
3:
第3回
生殖と医療(1)生命の誕生と生殖補助医療
4:
第4回
生殖と医療(2)生殖補助医療の規制
5:
第5回
生殖と医療(3)生殖補助医療と親子関係
6:
第6回
生殖と医療(4)クローン技術とヒト胚研究
7:
第7回
生殖と医療(5)出生前診断
8:
第8回
生殖と医療(6)新しい出生前診断
9:
第9回
新生児医療(1)歴史的・技術的背景
10:
第10回
新生児医療(2)1970-80年代の議論

11:
第11回
新生児医療(3)1990年代以降の議論

12:
第12回
遺伝情報(1)遺伝情報の性質
13:
第13回
遺伝情報(2)遺伝情報の取扱い
14:
第14回
遺伝情報(3)研究・医療における遺伝情報の利用
15:
第15回
期末試験とその解説


*受講者の人数や進行状況に応じて授業内容を変更する場合があります。
教科書  講義はスライドを使用して行います。必要に応じて参考資料を配布します。
 教科書の指定はありません。
 この分野の概説書としては,赤林朗編『入門・医療倫理I』(勁草書房,2005年),甲斐克則編著『ブリッジブック講義医事法』(信山社,2008年),甲斐克則編『レクチャー生命倫理と法』(法律文化社,2010年)等を参照してください。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 100% 講義内容に基づいた試験を実施します。
(履修者数に応じて評価方法を変更することがあります。その際は,教場及びコースナビ上でおしらせします。)

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read