cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 社会科学部
科目名
英語圏の社会と文化 2

担当教員 古川 敏明
学期曜日時限 秋学期  火2時限
科目区分 基盤専門科目・人文科学分野 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 10-303 キャンパス 早稲田
科目キー 1800002009 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LNGA201L
大分野名称 言語学
中分野名称 応用言語学
小分野名称 概論
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義
  コース・コード ANTV281L
大分野名称 人類学
中分野名称 その他 人類学
小分野名称 その他
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義
  コース・コード SOCX281L
大分野名称 社会学
中分野名称 社会学
小分野名称 その他
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/28 18:04:33

副題 話し言葉の談話分析
授業概要 話し言葉の談話分析を通して、英語圏の社会と文化に迫る。話し言葉は私たちにとって身近だが、実は書きことばとは異なる特徴を持っている。また、私たちは話し言葉でやりとりすることを通して、会話の中でさまざまな活動をしている。こうした点を体験的に理解してもらうため、実際に自分で会話を録音・録画する課題を課す。学期の終盤にはグループ活動の時間を取っている。既存の会話データベースを利用し、グループごとに自分たちで選んだ話し言葉の現象について分析し、発表してもらう。
授業の到達目標 話し言葉の談話分析の基礎概念を理解し、実際の会話で何が起きているか観察・説明できるようになることを目指す。
事前・事後学習の内容 事前学習として教科書の該当箇所を読み、授業に臨む。事後学習として、話し言葉に関する課題に取り組む。学期の終盤は、グループ発表に向けた準備を授業内外で行うことになる。
授業計画
1:
第1回 導入、授業の進め方
話しことばとは?
2:
第2回 データ転写
録音・録画データをどのように扱うか?
3:
第3回 コミュニケーションの民族誌
コミュニケーションの民族誌とは?
4:
第4回 発話状況・出来事・行為、グライスの格律、ポライトネス
ことばを用いるとは?なぜ「同じこと」を「異なるやり方」で伝えるのか?
5:
第5回 学習成果のまとめと発表
学習成果のまとめと発表
6:
第6回 話者交替、隣接ペア
会話のメカニズム
7:
第7回 文脈化の手がかり、談話標識、フレーム
話しことばを通して何をしているのか?
8:
第8回 ナラティブ
会話の中で何をどのように語っているのか?
9:
第9回 カテゴリー
会話の中で何に言及しているのか?
10:
第10回 マルチモダリティ
話しことばと共にある視線、身振り、道具・環境
11:
第11回 多声性、コード切り替え、スタイル、クロシング
南アジア風の英語(と日本語)の使用
12:
第12回 批判的談話分析
批判的談話分析とは?
13:
第13回 グループ発表準備
グループ発表の準備を行う。
14:
第14回 グループ発表
グループ発表を行う。
15:
第15回 グループ発表
グループ発表を行う。
教科書 カメロン, デボラ. (著). 林宅男. (監訳). (2012).『話し言葉の談話分析』. ひつじ書房.
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 30% グループ発表
レポート: 50% ミニ課題(10%×1と5%×6で40%)、グループ発表用トランスクリプト(10%)
平常点評価: 20% 授業への貢献度、授業担当者が設定する問いに対しクリッカーなどで回答しているか。
備考・関連URL TalkBank

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read