cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 社会科学部
科目名
英書研究19-2

担当教員 横野 恵
学期曜日時限 秋学期  火2時限
科目区分 先進専門科目・英書研究 配当年次 2年以上 単位数 2
使用教室 10-201 キャンパス 早稲田
科目キー 1800002011 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード GSSA201S
大分野名称 総合社会科学
中分野名称 総合社会科学
小分野名称 総合社会科学
レベル 中級レベル(発展・応用) 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/28 18:04:33

授業概要  裁判や法律等の司法・法学分野で用いられる英語には特有の表現や語彙が多数存在します。しかし,基本的な語彙が理解できれば,法律英語を読むことはそれほど難しくありません。本講義では,実際の裁判例に基づいて作成された教材を用いて法律英語を学ぶとともに,英米の司法制度や裁判のあり方,法思想について理解することを目的とします。
 授業では,指定した教科書に沿って各裁判例ごとに,(1)リーディング(裁判における請求内容・裁判に至る経緯),(2)リスニング(リーディングの内容確認),(3)演習問題(内容理解・語彙の確認)を中心に進めます。
 毎回の授業の準備として,(1)授業で取り上げる裁判例について事前にweb検索等を行い,できる範囲で予備知識を得ておくこと,(2)教科書の該当箇所に目を通しておくことを求めます。所要時間は30-60分程度と想定されます。
授業の到達目標 (1)裁判に関する英文資料を読み,裁判の争点や当事者の主張を理解する。
(2)司法・法学分野で使われる英語の語彙や表現を学ぶ。
(3)英米の司法制度や法思想に親しむ。
授業計画
1:
第1回/ガイダンス
本講義の進め方について説明します。
2:
第2回
Case 8: Objection, Your Honor!(1)
3:
第3回
Case 8: Objection, Your Honor!(2)
4:
第4回
Case 9: Made the U.S. My Home(1)
5:
第5回
Case 9: Made the U.S. My Home(2)
6:
第6回
Case 10: Separate and Not Equal(1)
7:
第7回
Case 10: Separate and Not Equal(2)
8:
第8回
Case 11: Reverse Discrimination?(1)
9:
第9回
Case 11: Reverse Discrimination?(2)
10:
第10回
Case 12: Season’s Greetings: Tradition or Violation?(1)
11:
第11回
Case 12Season’s Greetings: Tradition or Violation?(2)

12:
第12回
Case 13: Stop Copying Our Products!(1)

13:
第13回
Case 13: Stop Copying Our Products!(2)

14:
第14回
Case 14: ObamaCare — Care for All Americans(1)

15:
第15回
Case 14: ObamaCare — Care for All Americans(2)

教科書 鳥飼慎一郎・溜箭将之・Brett Cumming『Legal Minds-15 Journeys in Law大学生のための法律英語 15の裁判物語』(金星堂)(購入が必要です。)
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 60% 出席と授業への貢献度に基づいて評価します。
その他: 40% 復習のための小テストを随時行い,その結果に基づいて評価します。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read