cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2017年度 開講箇所 人間科学部
科目名
スタディスキル 01

担当教員 佐野 雅規
学期曜日時限 春クォーター  月4時限
科目区分 人間科学基礎科目(必修) 配当年次 1年以上 単位数 1
使用教室 100-116 キャンパス 所沢
科目キー 1930000001 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード HUMA110L
大分野名称 人間科学
中分野名称 人間科学基幹
小分野名称 人間科学基礎
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2017/02/27 19:50:31

授業概要  スタディスキル科目は、新入生が大学で学んでいくための基本的なスキルを身につけることを目的としている。具体的には授業を受けて学習を進めていくためのスキル、また図書館や情報端末を利用して学習に必要な情報を入手するためのスキル、さらには、レポートの書き方やグループでの議論の仕方やプレゼンテーションのスキルなどを実習をしながら習得する。スタディスキル科目を受講することで、これ以降の大学での学びと研究活動の基礎を培い、それらを充実させることができるだろう。
授業の到達目標 ・人間科学部で必要な情報スキルを身につける(Ad1)
・授業から学ぶためのスキルを身につける(G1)
・文献検索をしてレジュメを作るスキルを身につける(Ac1)
・主張を組み立て、議論をするスキルを身につける(B1)
事前・事後学習の内容  予習として、テキストの事前読了を求める。復習として、授業での学習項目の振り返り、課題の提出を求める。各回の予習には30~90分、復習には60~90分かかると想定される。
授業計画
1:
第1回:情報スキルを身につける
パソコンの設定、無線LAN、大学における電子メールの使い方を学ぶ。
予習:Macのセットアップ、waseda-net IDを準備しておく
復習:授業の学習事項を振り返る。教員宛のメールを作成する。
2:
第2回:授業から学ぶ
大学における授業スタイル、ノートの取り方、授業への参加について学ぶ。
予習:テキストの事前読了。
復習:授業の学習事項を振り返る。図書館のウェブサイトから「図書館の活用と情報の探し方」に関するビデオを視聴し、指定の文献を検索して提出する。
3:
第3回:文献を探し、レジュメを作る
学術文献の検索、図書館の情報検索、レジュメの作り方について学ぶ。
予習:テキストの事前読了。レジュメ作成に備えて図書館で本を借り、読んでおく。
復習:授業の学習事項を振り返る。レジュメを作成し、提出する。
4:
第4回:アイデアを形にする
発散的・収束的アイデアの出し方、マップによるアイデアの出し方、カードを使った情報整理について学ぶ。
予習:テキストの事前読了。
復習:授業の学習事項を振り返る。
5:
第5回:主張を組み立て、議論する
主張と論証責任、三角ロジック、議論の方法、グループ討論のルールについて学ぶ。
予習:テキストの事前読了。
復習:授業の学習事項を振り返る。
6:
第6回:レポートを書く(1)
レポートの構成、序論・本論・結論の書き方、正しい引用の仕方について学ぶ。
予習:テキストの事前読了。
復習:授業の学習事項を振り返る。レポートの初稿を作成し提出する。
7:
第7回: レポートを書く(2)
正しい引用の仕方、レポートの推敲の方法について学ぶ。
予習:テキストの事前読了。
復習:授業の学習事項を振り返る。レポートを推敲し、最終稿を提出する。
8:
第8回: プレゼンテーションをする
プレゼンテーション、スライドの作り方、スピーチの仕方について学ぶ。
予習:テキストの事前読了。
復習:授業の学習事項を振り返る。プレゼンテーション用のスライドとレポートの最終稿を作成し、提出する。
教科書  オリジナルテキストを使用する。
参考文献  授業中に紹介する。
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 40% レポートとプレゼンテーションを評価する。
平常点評価: 60% 各回の課題と、授業への参加を評価する。
備考・関連URL  レポートについては、Course N@viのお知らせ機能を通じてフィードバックを行う。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read